復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧

新装改訂版 生きる勇気と癒す力 -性暴力の時代を生きる女性のためのガイドブック

復刊投票時のコメント

全169件

  • 図書館で借りて今手元にあるのですが
    2,3週間で読み終えるタイプの本ではなく
    手元においておくべき本だと思います。
    この本が絶版だなんて信じられません。
    ぜひ復刊をお願いします。 (2003/08/25)
    GOOD!0
  • 性虐待を受けたサバイバーにとって、生き延びるために、水や食べ物と同じくらい必要不可欠な本です。私自身も、この本は体の一部のように、一番大切に思っています。現在心療内科で働いていますが、患者さんにも、カウンセリングを受けるよりも何よりも一番勧めたい本なので、勧めた後、実際に本屋にないのは残念です。 (2003/08/24)
    GOOD!1
  • 信頼する方からすすめられました。多くの人に届きますように。 (2003/08/24)
    GOOD!0
  • 潜在化している性的暴力被害者は多い。特に、女性がこの問題を抱えている場合、恋愛、結婚などに重大なトラブルを引き起こす可能性がある。精神科の領域でも、このようなけースは多いと聞いている。是非、この本をさらに多くの方々に読んでいただき、問題の所在を知っていただきたい。 (2003/08/24)
    GOOD!1
  • AC関連の本なので読んでみたいと思います. (2003/08/23)
    GOOD!0
  • 読んでみたい! (2003/08/23)
    GOOD!0
  • バイブルとまで言われている本書、ぜひ読んで見たいです。 (2003/08/23)
    GOOD!0
  • ??????? (2003/08/23)
    GOOD!0
  • 女性の現状からすると、この本は、まさにいまでも、バイブルです。絶対に復刊していただき、さまざまな講演やセミナーで教科書として使いたいです。 (2003/08/22)
    GOOD!0
  • 現在においても本書の内容は性虐待サバイバーにとって非常に有効で、類似の現存書籍の中に匹敵するものが見あたらないこと、かつてよりさらに性虐待へ関心・意識が高まっている現在、本書に対する需要は以前よりさらに増しており、復刊時の売れ行きは良好である見通しが高いことー類似の現存書籍に参考文献としてあげられていることが非常に多い事も含めてー、等の理由で、本書の復刊を強く希望します(私は精神科医ですが、この問題で悩む患者さんに多くこの本を薦めています。三一書房倒産後組合の自主販売やクレヨンハウスに当たるよう指示していますが、クレヨンハウスでも在庫切れになるなど手に入らない人が出始めていて非常に困っています。意識の高い治療者に結びつけていないサバイバーも多いと思われそういう方にとっては一般書店で市販で手に入るルートが必要です。是非復刊を! (2003/08/22)
    GOOD!1
  • 題名の通り、生きる勇気と癒す力を与えてくれる、基調なる本だと思うので、是非是非!! (2003/08/21)
    GOOD!0
  • 生きていく勇気がほしいのです。 (2003/08/21)
    GOOD!0
  • この本に出会い私の大切な人が辛い時を超えて今も生きています。
    そういう力のある本がある事に感謝しています。 (2003/08/20)
    GOOD!0
  • この本のおかげでどれだけ救われたかわからない。まさにこの本は、子供時代に性虐待をうけた私にとって「バイブル」だった。この本との出会いがなかったら、今の自分は確実に居ない。この本は、自分が何故苦しいのかを「言葉」にしてくれた。誰とも分かち合えないと思っていた感情や感覚を見事に言葉にしてくれている。数行読んでは嘆き、また読んでは嘆きの繰り返しの日々だった。絶望の中にいて、たった一つの希望だった。この本を望んでいる人は、まだ日本にたくさん居るはず。心から復刊を希望します。 (2003/08/20)
    GOOD!1
  • この本を読んでとても
    励まされたから (2003/08/20)
    GOOD!0
  • この本が図書館や学校、公共施設の蔵書として、様々な人が手に取れるかたちで普及する事を願っています (2003/08/20)
    GOOD!0
  • 性被害・暴力はもちろん、日常的に起こりうるあらゆる乱用・虐
    待による心の傷を癒す(癒そうとする)時、サバイバー本人が経
    てきた回復プロセス、そして“事実”を共に分かち合うことは、
    相互に多くの力づけに繋がる。因果関係をなぞるのみでなく、本
    当の自分を取り戻し、何が自分に必要なのか、ということを希望
    も持って示唆してくれる本だと感じました。また、治療者・援助
    専門家を始め、多くの人に『自分自身の問題』として性被害を考
    えてもらうためにも、必要な人に必要なものを届けるためにも、
    ぜひ復刊を願います。 (2003/08/20)
    GOOD!1
  • 性暴力に関わる人にも性暴力を学ぶ人にも性暴力のサバイバーにとってもそのパートナーにとっても家族にとっても必読書です。絶版であるとはこの上のない不幸であり損失です。どれほど多くのサバイバーの支えになり癒しの始めになったかを知っています。深く復刊を望みます! (2003/08/20)
    GOOD!1
  • 被害者には必要な資料だと思うから。 (2003/08/20)
    GOOD!0
  • 性暴力被害者の苦しみに共感とたくさんの励ましをくれ、生きるよりどころになる。セルフケアも教えてくれる。1人のサバイバーとして、なにをすればいいのかわからなかったころ藁をもすがる思いで手に取った本書にどんなに癒されたことか。サバイバーはもちろん、援助者にも読んでほしい。ジェンダーを超えて男性サバイバーにも恢復の力をもたらしてくれる。 (2003/08/20)
    GOOD!1

T-POINT 貯まる!使える!