復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

西洋音楽史大図鑑

スティーヴ・コリッソン 監修 / 藤村奈緒美 訳

4,840円(税込)

(本体価格 4,400 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:44ポイント

この商品は現在ご購入いただけません。

在庫切れ

お気に入りに追加

著者 スティーヴ・コリッソン 監修 / 藤村奈緒美 訳
出版社 ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
判型 B5変
頁数 352 頁
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784636978339

商品内容

豊富な図版とイラストで、作曲家の人生、作曲技法の変遷、作品の成り立ちなどをわかりやすく解説。

▼本書について
はじめて真の「オペラ」を書いたのは誰だろう?
記譜法のシステムの起源はどこにあるのだろう?
作曲家はどのように交響曲を作曲するのだろう?
本書はこのような疑問をはじめとする多数の疑問に答えるべく、重要な音楽作品と、それが西洋のクラシック音楽の発展に与えた影響を探って分析し、初期の単旋聖歌の誕生から現代のミニマリズムの発展とさらにその先を追う。
質の高い図鑑や事典で有名なイギリスのDorling Kindersleyが発刊する「BIG IDEAS SIMPLY EXPLAINED」シリーズの一冊。
クラシックをたまに聴く程度の人も、熱烈なクラシック・ファンも、本書を読めば興味をひかれ、クラシック音楽に対する理解が深まるだろう。

▼目次
◇はじめに ケイティ・ダーハム
◇イントロダクション
◇初期の音楽 1000~1400年
◇ルネサンス 1400~1600年
◇バロック 1600~1750年
◇古典派 1750~1820年
◇ロマン派 1810~1920年
◇ナショナリズム 1830~1920年
◇近代 1900~1950年
◇現代

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!