1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『戦場から妻への絵手紙(高澤絹子)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

戦場から妻への絵手紙

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



戦場から妻への絵手紙

  • 著者:高澤絹子
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2019/03/05
  • 復刊リクエスト番号:68071

得票数
1票

リクエスト内容

このハガキ絵だけが、夫の生きた証でした。
戦争で断ち切られた新婚生活、画業への夢。『無言館』に続く戦没画学生「祈りの絵」。

金沢市粟崎の部隊から、フィリピンの戦地から、51通のハガキ絵で綴る心の絆。

美千雄が戦地から送ってきた絵手紙は400通をこえた。訓練にはげむ美千雄、軍服姿で孤独に食事をとる美千雄、どれもが、「生きて帰る」という愛の便りだった。しかし、昭和19年12月8日、便りはぷっつりと途絶えた。

TOPへ戻る