1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『黒い兄弟(リザ・テツナー)』 投票ページ
  5. 情報提供 復刊・重版予定

情報提供 復刊・重版予定

黒い兄弟

このリクエスト作品について、
1.新規に復刊・重版された
2.復刊・重版予定がある
3.元々絶版ではなかった
等の情報をお持ちの場合、タイトル/出版社/発行(予定)時期/参考URLなどと合わせてお知らせください。
(出版社が異なるなど完全な復刊でない、厳密には復刊でない場合に関してもこちらからお知らせください)

できる限り情報の入手元(※)をご記入ください。また、刊行予定日はわかる範囲でお知らせください。
(※ 著者や出版社の公式サイト、ニュースサイト、テレビ・雑誌・新聞など)

必須
必須

発売時期をご存知でしたら入力ください。おおよその日にちでも結構です。

10桁もしくは13桁で入力ください。
複数のISBNがある場合は複数回に分けて情報提供をお願いします。

出版社などの刊行情報がわかるサイト情報があれば入力ください。

次の画面へお進みください。



黒い兄弟

  • 著者:リザ・テツナー
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/03/30
  • 復刊リクエスト番号:3529

得票数
339票

リクエスト内容

世界名作劇場「ロミオの青い空」の原作です。
今から百年以上も昔のイタリア国境に近いスイス・ソノーニョ村。苦しい生活のため、山奥の貧しい農民たちは、8歳から15歳になる自分の子供たちをミラノの煙突掃除夫に売りました。売られた子供たちは食べ物さえろくにもらえずに「煙突掃除!煙突掃除!」と叫びながら裸足で街を歩き回り、声がかかると煙突にもぐりこんで素手で煤をかき落とさなくてはなりません。ジョルジョも厳しい日照りが続いた年に、イタリア・ミラノの煙突掃除として人買いに売られます。ミラノで最低の生活をしながら働くジョルジョ。同じく人買いに売られた煙突掃除の少年たちとともに秘密結社「黒い兄弟」を結成し、愛と友情を支えに、辛い現実を乗り越えていきます。そんな時、「黒い兄弟」のリーダーで親友のアルフレドが病気に…。「ジョルジョ、君に秘密を話すときがきた…」

スイスで昔実際にあった少年たちの売買を題材にした、辛い境遇にくじけず、勇気をもって生きるジョルジョの波瀾万丈の物語です。

ハードカバーのリクエストですが、文庫版もあります。
文庫版(福武文庫・上下巻)は、表紙がアニメの絵柄でした。

TOPへ戻る