復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

66

投票する

多粒子系の量子論

多粒子系の量子論

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 66

著者 フェッター、ワレッカ
出版社 マグロウヒル
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784895012522 9784895013642
登録日 2002/03/05
リクエストNo. 8167

リクエスト内容

物性論におけるGreen関数法のバイブル的存在。現在でも全国の物性理論の研究室で輪講などに使われる。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全66件

  • 物性向けに書かれた場の理論の本の中でも標準的で分かりやすいので、この分野への入門に最適だと思います。
    英語版がありますが、このような本は英語の専門書を読みなれていない学部生などでもこの分野にいち早く触れられるように、邦訳が販売されているべきかと思います。 (2011/11/27)
    GOOD!1
  • 教授から借りて,これは買うべきだと思います。
    英語版はあるのですが,日本語の方がやはり楽に読めます。無期限で借りているのですが,できることなら卒業してからも手元に置いておきたいので,ぜひ復刊をお願いしたいです。 (2011/10/12)
    GOOD!1
  • とても丁寧に書かれていて勉強しやすかったです。
    理論編のつづきの応用編はもっていないので
    入手したく復刊希望します。
    場の理論は素粒子論とのからみで語られることがおおいですが
    純粋に物性論の人に向けたかかれ方をしていて
    いい本だと思います。 (2005/04/05)
    GOOD!1
  • いろいろな本を見て回って、最後にはこの本を見て
    よくわかる、って感じの丁寧な本。ワレッカはとて
    も影響力のある核理論家なので、原子核関係で多体
    理論を勉強する人は、かなりの割合でこの本で勉強
    しているんじゃないだろうか。日本語で読めるとい
    うことはいいことです。(もうすぐ Dover で出るけど。) (2003/03/10)
    GOOD!1
  • 量子系の多体問題について、系統的かつ包括的に書かれている教科書は少ない。特に、この教科書ではグリーン関数の方法で統一的に議論を展開しているので、量子力学的多体問題を見通しよく理解することができる。出版は少し古いが名著であり、是非復刊を望む。 (2002/11/20)
    GOOD!1

もっと見る

NEWS

  • 2002/03/05
    『多粒子系の量子論』(フェッター、ワレッカ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!