復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

2

投票する

反国家の兇区

反国家の兇区

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 2

著者 新川明
出版社 社会評論社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784784504848
登録日 2021/02/18
リクエストNo. 70871

リクエスト内容

復帰運動の主流派を相対化し、国家の相対化を試みる。真の自立とは何であるのかを訴える試みは、現代の政治・社会状況を厳しく照射する!
以下、目次。

幻像としての「日本」
内なる「辺境」から―喜舎場永〓著『八重山古謡』にふれて
大江健三郎への手紙
情念の叛乱
一人の表現者
「非国民」の思想と論理―沖縄における思想の自立について
沖縄近代史研究の一視点―謝花昇・伊波普猷をめぐって
「復帰」思想の葬送―謝花昇論ノート
「狂気」もて撃たしめよ―謝花昇論ノート2
新たなる処分への文化的視座
“想像力”を問われる闘争
「憲法幻想」の破砕
「復帰」思想の虚妄
「差別告発」から「反逆」の持続へ
「反国家の兇区」としての沖縄

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全2件

  • 沖縄<反復帰>論の名著。本土人は米軍基地の70%を沖縄に押し付けておきながら、保守論壇人やネット上での沖縄反基地運動への謂れのないヘイト(大阪県警「土人」発言一件に象徴される)が高まってきた現在、本書の復刊が待望される。「沖縄から日本がよく見える」という<沖縄反復帰>の視座を持つことで、沖縄・日本・アメリカを見通す新たな見地が得られるのである。 (2021/03/04)
    GOOD!1
  • 戦後沖縄を思考する上での必須書籍にも関わらず、絶版状況であるため。
    この書籍を読まずして、沖縄復帰運堂を考察することは不可能であるに等しい。それは、部外者たる「やまとんちゅ」だけでなく、現地の「うちなんちゅ」すらも相対化する新川明氏による、現状への厳しく肉薄する洞察が含まれているからである。
    再販を希望する。 (2021/02/18)
    GOOD!1

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2021/02/18
    『反国家の兇区』(新川明)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!