復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

五輪九字明秘密釈

五輪九字明秘密釈

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 覚鑁
出版社 山喜房仏書林
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784500001996 9784796303071 9784804618074
登録日 2020/09/06
リクエストNo. 70136

リクエスト内容

覚鑁(かくばん)著。一巻。永治元~康治二年(一一四一‐四三)成立。真言密教の立場から浄土教との融合を企てた書で、新義真言宗の教学の基礎を築いたとされる。五輪九字秘釈、頓悟往生秘観とも。(精選版 日本国語大辞典より)

興教大師・覚鑁は開祖・空海につぐ真言密教の思想家で、主に阿字観(密教瞑想)で業績を残しています。
師のもう一つの業績(あるいは延長として)五輪塔の理屈づけが挙げられます。本書を通して密教と浄土思想の融和を果たし、宗派を超えて五輪塔が広まるきっかけとなりました。
本作は山喜房仏書林刊『興教大師撰述集』や大法輪閣刊『昭和新纂国訳大蔵経 真言宗聖典』に収録されており、ISBNコードはそれらのものです。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • お恥ずかしながらつい最近、覚鑁師の存在を知りました。現在、真言密教・浄土思想関連の本を中心に読んでいますが、およそ900年前に両者の融合を果たした方がいたとは驚嘆を禁じ得ません。たとえば岩波文庫収録の仏典のように原文・現代語訳というように構成していただければと思います。 (2020/09/06)
    GOOD!1

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2020/09/06
    『五輪九字明秘密釈』(覚鑁)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!