1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『五つの箱の死(カーター・ディクスン)』 投票ページ

五つの箱の死

  • 著者:カーター・ディクスン
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/09/16
  • ISBNコード:9784150003203
  • 復刊リクエスト番号:65690

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ジョン・サンダース博士は朝の一時になってやっと研究室を閉めた。今週中に、ある毒殺事件のための報告書を作らなければならず、遅くまで顕微鏡をのぞいていたのだ。
小雨の降り始めた道を歩いてきた博士は、ふと、ある十八世紀風の赤煉瓦の家の前に、街灯の光を浴びて一人の若い女が立っているのに気がついた。短い茶のファー・コートを着て、襟を首巻のように立てていた女は、いきなりサンダース博士を呼び止め、雲をつかむような話を始めた。そして、この不思議な女に請われるまま、ある家の内部に入った博士が目にしたものとは……煌々たる灯りの下で四人の人間がテーブルに向かっていたが、そのうち三人は毒か薬のために意識不明、残る一人は細長い刀で背中を刺されてすでに事切れていた!
不可能犯罪の巨匠カーター・ディクスンが、ヘンリー・メリヴェール卿を主人公に贈る本格物の力作。

新着投票コメント

Aga-Search.comで興味を持ちましたが、品切れなので。 (2017/09/16)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/09/16
『五つの箱の死』(カーター・ディクスン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

TOPへ戻る