1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『アフガンの四季(佐々木徹)』 投票ページ

アフガンの四季

  • 著者:佐々木徹
  • 出版社:中央公論社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/11/08
  • ISBNコード:9784121006288
  • 復刊リクエスト番号:6416

得票数
139票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アフガン史研究者の佐々木氏は、カーブル大学留学生としてアフガン史を専攻、青春の4年余をアフガンで過ごしました。この本は、厳しい自然や政治情勢の中でもたくましくそして豊かに生きるアフガンの人たちを深い共感を持って描いています。
同情でも対立でもなく、アフガンの人々を好きになり尊敬するための最高の本です。今こそ、この本を復刊させて私たちとアフガンの人々の間に「ロスタムの弓(アフガンの言葉で『虹』のこと)」をかけましょう。

「たとえ現状はどんなに否定的であろうとも、大いなる神の加護は常に人々の側にある。『冬』は『春』のためにこそ必要なのであり、『冬』さえ終われば『春』はまためぐり来るのだから」(同書より)

投票コメント

図書館でいろいろ読みましたが一番アフガニスタンへの愛情を感 じた本です。 (2006/04/05)

1

この時代に、事実上ソ連支配下の時期のアフガンの様子を知ることのできる数少ない本であろう。1975年に友人が、王政時代のアフガンに行き、僻地でA型肝炎に感染したにもかかわらず、現地の本来は対立している部族間をロバやトラックでカブールまで送還してもらったという話を良く聞かされたが、その後の『革命』後のアフガンについて語った本は少ないように思う。 (2004/11/14)

1

ボロボロになってゆくアフガニスタンという国土。そのなかに生活する人々のことを見聞きするうちに、かつての美しかった風景や生活のことをしっかりと読んでおきたいと思うようになりました。 ボロボロにしたのは、欺瞞に満ちたアメリカや私達日本を含む横暴な先進諸国政府……です。私達には、今度の戦争を止められなかったという悔しさがあります。ぜひ、「アフガンの四季」を復刊し、私達の前に、再び「美しいアフガン」の人々と風景を甦らせて下さい。 (2003/03/01)

1

以前に読んだことがある。そのときはまだテロ事件は起こっておらず、アフガニスタンという国も、自分の中ではおぼろげとしていた。アフガニスタンという国がいかにも「テロ支援国家」のように思われ(アメリカの策略)、そこに住む人々の顔が見えにくい今、あのような本がもっと出てくれば、僕達のアフガニスタンという国に対するイメージも変わってくるのではないか。当たり前だが、あそこにも、僕達と同じ人たちが生きて、生活していることを忘れてはいけない。そういえば、あの本の中で、著者はよくお酒を飲んでいたような気がするなあ・・・(笑)。先日、オマルハイヤームの『ルバイヤート』を読んだとき、酒に関する詩がとても多かった。そのときも、あの本のことを思い出した。 (2002/08/23)

1

和

平和だったころの本来のアフガン人やその文化、風土を知るこ とは、アフガン問題を語るための出発点だと思います。私は、カ メラマンのLuke Powellの写真を見た時、強い衝撃を受けました。 アフガニスタンの美しい自然や人々の営みが迫ってきて、もう他 人事ではなくなったからです。この本は、書評で見る限り、本来 のアフガニスタンを知る上で最良のもの。復刊されたら、ぜひ購 入し、友人や知人に紹介したと思います。 (2002/03/30)

1

もっと見る

新着投票コメント

昔読んだ覚えがある。今だから、読みたい。 (2012/05/17)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/12/05
『アフガンの四季』が規定数に到達しました。
2001/11/08
『アフガンの四季』(佐々木徹)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2010/12/02
「スカーレット・ウィザード マイナス」「侯景の乱始末記」「中国の城郭都市」「アフガンの四季」「戦中ロンドン日本語学校」「醒めた炎 全二巻」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診 【12/1(水)】

復刊の可能性をご検討いただけるよう、出版元へお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
2001/12/11
交渉情報追加
自社重版可能性、オンデマンド出版双方の可能性を検討。
(交渉先:出版社)
2001/12/05
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
交渉スケジュールが決定次第ご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る