1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『1974ジョーカー(デイヴィッド・ピース)』 投票ページ

1974ジョーカー

  • 著者:デイヴィッド・ピース
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2013/05/10
  • ISBNコード:9784151726514
  • 復刊リクエスト番号:57670

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1974年、イギリスのヨークシャー地方。「ヨークシャー・リッパー」と呼ばれる殺人鬼がちまたを騒がせていた。「父が犯人では?」「母が次の犠牲者になるのでは?」と脅え、殺された女性の写真をスクラップブックに貼りつける少年がいた。彼は長じて作家を目指すようになり、東京は小岩の古アパートで少年時の強迫観念を反映させた小説を書きあげる。できすぎた話だが、その少年がこの小説の著者デイヴィッド・ピースだ。本書は発表されるや否や、ジェイムズ・エルロイあたりのアメリカのダークなクライム・ノベルに影響を受けた、イギリスミステリーのニューウェイブとして注目を集めた。
背中に白鳥の羽が縫い付けられ、性器にバラが突き刺された少女の死体が発見された。ヨークシャーの新聞記者エディーは、この事件が数年前に端を発する連続殺人の一環ではと疑いはじめる。そして謎の男から被害者の写った写真を渡されたことから、とりつかれたように調査に没頭する…。暴力と陰謀、そして強迫観念で埋め尽くされたこの暗黒の物語は、テンポの良い文章でつづられていて、読者はエディの妄執に引きずられるように、ページを繰らずにはいられなくなる。

本書は1974年から83年にかけての、北イングランドの犯罪と政治と性についての連作となる「ヨークシャー4部作」の第1作である。まさにヨークシャー地方で不幸な少年時代を過ごしたという著者は、心の傷を負わせた張本人(ヨークシャー・リッパーとサッチャー首相とのこと)とその存在を許した時代を暴くことで、時代への復讐を果たそうとしたのか。(工藤 渉)

新着投票コメント

映画として作品が映像化されたので、小説と比較したいと思ったから。 (2013/05/10)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/05/10
『1974ジョーカー』(デイヴィッド・ピース)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る