復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

「功利主義の原理について」ほか 『立法と道徳の原理序説』より

「功利主義の原理について」ほか 『立法と道徳の原理序説』より

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 ベンサム(ベンタム)著 江藤貴紀訳
出版社 AICJ出版
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784882613626 9784906972067
登録日 2013/04/26
リクエストNo. 57590

リクエスト内容

第1章 功利主義の原理について 1 自然は、人間を2つの主権的の支配者の元に、服せしめた。「苦痛」と「快楽」である。何を為すべきであるかを指摘することと、それに加えて何を我々がするべきかを決めることも、これのみに委ねられる。一方では善と悪の基準が、、もう一方では、原因と結果の因果が、この王座に結びつけられている。私たちのするいかなることも、話すいかなることも、考えるいかなることも、苦痛と快楽が、支配するのである。すなわち、私たちがこの支配から抜け出そうとするいかなる可能な努力も、これを示し、確認することに従事するのみである。 本製品は、ベンサムの代表作の一つである『立法と道徳の原理序説』(1823年版)の全訳シリーズ、第1弾です。第1章から第3章までを収録

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 今の世の中にかなり影響を与えた哲学書。ベンサムの代表作。これの日本語訳がなければ、日本の哲学は更に遅れる。ぜひ復刊して欲しい。 (2017/06/02)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2013/04/26
    『「功利主義の原理について」ほか 『立法と道徳の原理序説』より』(ベンサム(ベンタム)著 江藤貴紀訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!