1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『キケロー 義務について(岩波文庫33-611-1)(キケロ著 泉井久之助訳)』 投票ページ

キケロー 義務について(岩波文庫33-611-1)

  • 著者:キケロ著 泉井久之助訳
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2011/01/28
  • ISBNコード:9784000922593 9784003361115
  • 復刊リクエスト番号:52684

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

共和制を守るために戦った古代ローマ第一の学者にして政治家,弁論家キケロの代表作.ここにいう義務とは,人間として,また市民としての道徳的任務の完遂を意味する.キケロによれば,この義務は,国家(共和制),近親,自己の利益に対して果たされるべきものという.本書は,人生の指針として今日なお示唆するところが多い.(岩波書店ホームページより)

市民道徳を説いた古典でありハチスンやアダム・スミスなどスコットランド啓蒙主義(近代思想)に多大な影響を与えた作品。
岩波文庫版のほかに岩波書店『キケロー選集』版があります(ISBNコードは両方入力してあります)。

投票コメント

アダム・スミスの労働価値説を彷彿させるものがある。 「男たちの手による労働がなければ命のない対象から刈り取る果実や成果を得ることが出来なかったであろうに」(巻2(14)) 書かれた時期 [カエサル暗殺後オクタヴィアヌスの覇権樹立の間] が重要 選集版より文脈の辿り易い訳文 (2015/03/23)

1

クーリエジャポン103号(別冊12ページ)にて、萱野稔人氏が勧めているので、興味を持ちました。 私の住んでいる地区の図書館には、本書は、ありません。 他の方も書いているように、Amazonに中古本が出品されているのですが、かなり高価です。 可能なら文庫版で安価に、また、手軽に持ち運んで読めるようになりたいです。 (2014/05/06)

1

キケロを学ぶうえでは欠かせない本。是非とも復刊をお願いします。 (2015/04/17)

0

仙

キケローの道徳理論を学ぶために必読の書。これを復刊しないなんてありえません。 (2015/02/06)

0

倫理学を学ぶ上での基本書。 (2014/05/14)

0

もっと見る

新着投票コメント

キケローの重要著作を文庫で読みたいから。 (2018/09/15)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2011/01/28
『キケロー 義務について(岩波文庫33-611-1)』(キケロ著 泉井久之助訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る