1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『鋼鉄のあらし(エルンスト・ユンガー著 佐藤雅雄訳)』 投票ページ

鋼鉄のあらし

  • 著者:エルンスト・ユンガー著 佐藤雅雄訳
  • 出版社:先進社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/12/10
  • 復刊リクエスト番号:52152

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ドイツの文豪ユンガーの処女作。
タイトルは『鋼鉄の嵐の中で』とも訳される。
第一次世界大戦従軍の記録(日記)でありユンガーの思想・文学の方向を決めた作品。

新着投票コメント

第一次大戦から、ちょうど100年を経た今日、好むと好まるとにかかわらず、侵略者、中国の影がわが国に伸びてきている現在、マスゴミの説く甘っちょろい独りよがりなヒューマニズムに毒されて滅亡にむかって誘導されつつある日本の若い青少年に。括を与えて覚醒を促すために必須の書であろうと思われるから (2019/03/03)

0

ユンガーの代表作「鋼鉄のあらし」を是非読みたい (2016/09/07)

0

時代が求めているのではないか。かつてセリーヌがシリーズで刊行されたことを思えば、エルンスト・ユンガーが脚光を浴びないわけがなかろう。 (2015/01/17)

0

日本語で読める数少ない突撃歩兵に関する本なので是非 (2014/02/12)

0

レマルクの「西部前線異常なし」とは対極的であるとされているが、 出版されたのが、1930年とすでに絶版であるため 読む機会がまったく無い (2013/05/23)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/12/10
『鋼鉄のあらし』(エルンスト・ユンガー著 佐藤雅雄訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る