1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『能楽囃子方五十年 亀井忠雄聞き書き(亀井忠雄 著 / 土屋恵一郎 山中玲子(聞き手))...』 投票ページ

能楽囃子方五十年 亀井忠雄聞き書き

  • 著者:亀井忠雄 著 / 土屋恵一郎 山中玲子(聞き手)
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/01/27
  • ISBNコード:9784000018135
  • 復刊リクエスト番号:49327

得票数
6票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

葛野流宗家預かりとして芸を支え続け、能楽界最高峰の囃子方とされる著者が、自らの芸とその半生、能楽へのあふれる思いを語る。

【刊行年】初版2003・最終版2003年
【判型】A5 【頁数】164頁
【価格】予価4200円(本体4000円)

投票コメント

忠雄さんの鼓音が大好きから、忠雄さんと亀井家のこと、もっと知りたいんです! 本を買えないのは、憾みがありますが.... 私は外国人ですが、能楽囃子が私にくれた、言葉で伝わらない感動と喜びを応援したいんです。 (2010/03/02)

1

空間を歪めてしまうほどの、圧倒的な気迫によって放たれる音、そしてその静けさ、何という静けさか。「間」が為すことのその広大なこと。亀井忠雄さんの音は今でも私の脳裏で弧を描いている。後に人間国宝でおられると知り、納得しました。彼の言葉に是非触れてみたい。 (2010/01/27)

1

現代の名手、亀井忠雄氏の芸談は、後世に語り継ぐべき芸の心だろう。歴史的資料としても価値が高いと思われる。 (2013/01/24)

0

今年は世阿弥生誕650周年とのこと。日本文化の精華「能楽」の粋を堪能したい。 (2013/01/22)

0

この人が舞台で大鼓を打つと,すごく引き締まって彩りが出るように思います。入手し損ねていたので,ぜひとも復刊を希望します。 (2013/01/16)

0

もっと見る

新着投票コメント

能楽師の芸談を読んでみたい。 (2013/02/23)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/01/27
『能楽囃子方五十年 亀井忠雄聞き書き』(亀井忠雄 著 / 土屋恵一郎 山中玲子(聞き手))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る