復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

105

投票する

ニーベルングの指環-録音プロデューサーの手記




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 105

著者 ジョン・カルショー
出版社 音楽の友社
ジャンル エンタメ
登録日 2001/06/18
リクエストNo. 4496

リクエスト内容

ワーグナーの「ニーベルングの指環」のレコード化に際して担当プロデューサーが書いた手記。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全104件

  • クラシック音楽録音史に残る偉業と呼ばれる、カルショー=ショルティの『指輪』録音の舞台裏を是非知りたく思います。
    古本屋、ネットオークション等で探していますが、ついぞ見かけませんし、デマンドとサプライの関係を考慮すると、あったとしても相当な高値になるでしょう。多くの読者の手元に届くよう、復刊を希望いたします。 (2007/05/15)
    GOOD!1
  • 何度も復刊が予告されながら果たされておりません。
    カルショーがプロデュースした「リング」は、芸術・ビジネス・人材的要素など、あらゆる面から見て現在なら到底実現不可能な奇跡的な録音なのですが、その成立事情に触れた本書、三十余年越しで入手を切望しております。 (2006/07/09)
    GOOD!1
  • ワーグナーの録音史のみならず、オペラ、クラシックの録音、ひいては音楽自体にも重要な位置を占める、カルショーの本があることをつい最近まで知らずにいました。
    ぜひぜひ復刊していただきたく伏してお願いします。復刊の折には、たぶん1冊だけになるとは思いますが、必ず購入いたします。ただし1万円がmaxですけど。
    電子ブックにする必要は必ずしもありませんが、可能であれば嬉しい。 (2006/03/15)
    GOOD!1
  • まずショルティ指揮のLPレコードに夢中になり、その過程で本書の存在を知りました。その時点では絶版でしたが、ほどなく音楽之友社の広告に「重版される」という告知が出て心待ちにしていたのですが、立ち消えに。それから何年もたってから、「朝日文庫で復活」という記事が出て狂喜したのですが、またもや立ち消え。その間、名古屋市の図書館で発見し、むさぼるように読んだのですがもちろん自分の物にはできず。神保町のK書店で二度、見つけました。一度目は高すぎて買えず。二度目は8,000円とやはり高かったのですが、思い切って買いました。しかし、事情があって手放すことに。同じK書店に3,000円で売りました。なんとか、新刊をまっとうな値段で入手し、手元に置きたい!・・・と思っていた矢先、このサイトを知りました。復刊実現を切望します!!! (2006/01/10)
    GOOD!1
  • 「ニーベルングの指輪」が大好きで、さまざまな解説書にこの本が紹介されていました。初めてスタジオ録音で「指輪」を完成させた様子などが書かれているようで非常に興味がありながら、目にすることができなかったので、復刊を希望します。 (2005/09/21)
    GOOD!1

もっと見る

NEWS

  • 2007/07/23
    復刊!ジョン・カルショー『ニーベルングの指環-録音プロデューサーの手記』

  • 2006/05/08
    『ニーベルングの指環-録音プロデューサーの手記』が規定数に到達しました。

  • 2001/06/18
    『ニーベルングの指環-録音プロデューサーの手記』(ジョン・カルショー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

  • 2006/05/08
    交渉情報はもうしばらくお待ちください。
    公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!