復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

ネコの世界

ネコの世界

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 今泉吉典・今泉吉晴
出版社 平凡社
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784582810073 9784582830378
登録日 2006/06/01
リクエストNo. 34097

リクエスト内容

ネコ好きとネコ嫌い…両者は一匹の動物をはさんで救いがたく対立している。一方は溺愛し、一方は毛嫌いするばかりで、本当のネコの姿を知ろうとしない。これではどっちにしろネコ族にとって迷惑千万な話である。両者ともネコの世界に足を一歩踏み込んで、彼らの生活や実態、彼らの歴史を冷静な目で一度見て欲しい。

ネコの研究で名高く、親子二代の動物学者である両者によるネコの生態とその魅力を綴ったネコ専科。吉野信、秋山忠右、佐藤晴雄、田中豊美、那波昭義、林良博による多数の写真も素晴らしい。平凡社カラー新書7として、1975年出版。144頁で定価は550円。

登録者の評価★★★★★★★★★☆

【目次】

◇カラー版8頁:ネコの詩

■自然が造った最高の芸術(今泉吉晴)

◇カラー版16頁:THE CAT SHOW25~誌上美猫コンテスト

■ネコの秘密(今泉吉晴)
ネコの表情とつきあい 表情があるのはネコとイヌとサルだけ ネコ社会と土地 ネコ仲間のつきあい 恋の歌 性行動 子を育てる 狩り パトロール 遊び 見ることを通じての学習 母親の役割は大きい 小さなヒョウは健在だ

◇カラー版16頁:ネコの秘密~生活圏・化粧・集会・交流・威嚇・狩り・陶酔

■われらネコ族(今泉吉典)
ネコの先祖 ネコの分類 日本猫の古い記録

◇カラー版24頁:ネコの仲間・にっぽん猫変遷史

■ネコのちょっとした行動の意味

■コラム:ネコ好きネコ知らず

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • 猫の、あの、すり寄って来る「親しさ(ホントは、あれは自分の
    ニオイ付け行動)」には、毛嫌いする人には「恐ろしく」感ずる
    が、まあ、猫ほど、いくら知っても、知り尽くすことのないもの
    も、珍しい。 だから「バケ猫」の話が出来るのもムリはない
    と、感じます。 よって、この本にも大変興味があります。 (2006/06/01)
    GOOD!1
  • 猫はしゃべる! (2007/04/15)
    GOOD!0
  • 愛玩動物としてだけではなく、文化史的にもネコを捉えた優れた本です。復刊の際は写真製版を向上させて欲しい。 (2006/06/01)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2006/06/01
    『ネコの世界』(今泉吉典・今泉吉晴)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!