1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『白球を叩け!(若桜木虔)』 投票ページ

白球を叩け!

  • 著者:若桜木虔
  • 出版社:集英社(コバルト文庫)
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/01/24
  • ISBNコード:9784086102032
  • 復刊リクエスト番号:2873

得票数
123票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

松竹で映画化されマーガレットで漫画連載も行われた人気作。
心臓病を持った少女久美子の卓球にかける青春物語。
ちなみに作者若桜木虔は元東大卓球部監督。
卓球の試合における読みがリアルである。

昭和53年2月20日初版

以下扉の紹介文より

心臓発作の不安に怯えながらも久美子は白球を打つ。その白球の響きは不治の病と闘う久美子の心臓の音……。素晴らしい卓球の才能に恵まれながらも、心臓疾患という生まれながらのハンディを背負った久美子は卓球ひとすじに打ち込み、コーチ峰岸へのほのかな思いを胸に自らの運命と闘う。峰岸への思いを告げることなく、ひたすら試合に青春を賭ける久美子に勝利の笑みが浮かぶのはいつの日?

参考リンク
集英社コバルト文庫
http://cobalt.shueisha.co.jp/
若桜木虔ホームページ
http://members.jcom.home.ne.jp/wakasaki/

投票コメント

中学生時代に出会った1番の小説でした。この本を読むたびに練習がしたくてしたくてたまらなかったことを思い出します。本を読んで泣いたのもこの本が最初でした。あれから30年ほどたち、私も42歳となりました。もう一度読みたい、読みたいと思いネットで探しています。この本を妻や子供に是非とも読ませてあげたいと思います。 (2008/03/04)

1

小学4年~中学3年まで部活で卓球をやっていました。そのころに本屋で見かけたのが この本でした。当時は技術的な資料は難しく、子供の私にとっては難解だったので、こ の「白球を叩け!」でイメージ・トレーニングをしたのを覚えています。昨年から卓球 を再開したので、これを機に再読したく投票しました。 (2006/04/22)

1

昔、わが町が卓球に力を入れていて、おざなりの児童図書が並ぶ小学校 の図書館に、浮いた感じで並んでいたマンガと原作小説。 目立っていたのか、いつも貸し出されていました。 私も読みましたが、このページを見て、再び読みたくなりました。 (2004/01/24)

1

卓球を大学から始めたものです。大学からはじめて、中高経験者 と渡り合っていくのは大変でした。でも今は卓球が大好きです。 ぜひ、この本を読んでこれからの卓球に役立ててみたいです。 復刊よろしくお願いします。 (2004/01/14)

1

卓球は接近戦による激しいスポーツです。 ある意味、剣道のような技術精神構造すらあります。 その卓球が我国ではギャグの対象になったりしており、 真の厳しくも美しい姿が、一般に広く理解されているとはとても思えません。 そういう意味でも、一般に分かりやすいスポコンもので、卓球をテーマにした本書は貴重であると思えるのです。 (2003/12/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

若桜木さんの文章に陶酔した作品の一つでした。また読みたいです。 (2009/06/17)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

白球を叩け! 白球よ輝け! 若桜木虔
2,484円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/06/04
『白球を叩け! 白球よ輝け!』販売開始しました!
2001/01/24
『白球を叩け!』(若桜木虔)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2004/04/12
メール連絡済み
この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
実際に交渉した際には改めましてご連絡します。
(交渉先:出版社)
2004/02/03
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る