1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『現代怪奇小説集(上・下)(中島河太郎・紀田順一郎編)』 投票ページ

現代怪奇小説集(上・下)

得票数
18票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

上巻 1981年12月20日新装版発行 348頁
収録作品 小酒井不木『手術』/畑耕一『怪談』/葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』/松永延造『アリア人の孤独』/江戸川乱歩『人でなしの恋』/瀬下耽『石榴病』/木下宇陀児『十四人目の乗客』/稲垣足穂『ココア山の話』/夢野久作『難船小僧』/平山蘆江『火焔つつじ』/横溝正史『蔵の中』/荻原朔太郎『猫町』/小栗虫太郎『白蟻』/橘外男『蒲団』/火野葦平『怪談宋公館』/伊藤松雄『地獄へ行く門』/倉光俊夫『怪談』/久生十蘭『予言』/香山滋『怪異馬霊教』
上巻帯より「人間存在の暗部に忍び寄る狂気と残酷、日常と非日常のはざまに潜在する異次元と摩訶不思議-戦慄、錯乱、妖美が織りなす日本怪奇小説の本格アンソロジー!」
下巻 1981年12月20日新装版発行 347頁
収録作品 山田風太郎『蝋人』/吉屋信子『鬼火』/長田幹彦『死霊』/三橋一夫『角姫』/日影丈吉『奇妙な隊商』/城昌幸『ママゴト』/星新一『おーい、でてこい』/曽野綾子『長い暗い冬』/平井呈一『真夜中の檻』/伊波南哲『逆立ち幽霊』/山川方夫『博士の目』/杉村顕道『ウールの単衣を着た男』/柴田錬三郎『兵隊と幽霊』/小松左京『写真の女』/野坂昭之『骨餓身峠死人葛』/遠藤周作『生きていた死者』/中井英夫『薔薇の夜を旅するとき』/都筑道夫『風見鶏』/半村良『箪笥』
下巻帯より「背筋を寒くする戦慄、卓抜なユーモアと風刺、鬼気迫る妖美-日常生活を根底から脅かす怪異と神秘の世界を、不思議なリアリティーで描き出す怪奇小説への招待!」

新着投票コメント

豪華な作家陣 (2017/01/13)

0

作家陣が魅力的。 遠藤周作は他の本で怪奇話を読んだことがあるけど面白かった。 他の文豪たちの作品も読んでみたい。 (2014/12/03)

0

昔読んだ事がある作者達がチラホラ。また読み直したい。 読んでない作家の取っ掛かりにも。 (2013/09/06)

0

立風書房から出ていた作品はたいへん価値あるものが多い。ぜひどこかの出版社から世に羽ばたかせて戴きたい。 (2012/09/04)

0

著者が魅力的だったから。 (2012/03/03)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/10/11
『現代怪奇小説集(上・下)』(中島河太郎・紀田順一郎編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る