1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『アルクトゥールスへの旅(デイヴィッド・リンゼイ)』 投票ページ

アルクトゥールスへの旅

  • 著者:デイヴィッド・リンゼイ
  • 出版社:国書刊行会/サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/08/16
  • 復刊リクエスト番号:18743

得票数
16票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

降霊会で知り合った謎の男の誘いで、恒星アルクトゥールス系の惑星トーマンスへやって来たマスカル。彼は、感情の起伏に応じてオパール色の皮膚が変化する女から、血を注いでもらいトーマンスに適応する体質となった。やがて異様な生物や様々な人々と出逢い、遍歴を重ねていく間に、マスカル自身も異形の姿に変貌してゆく。


投票コメント

荒俣宏の「別世界通信」(ちくま文庫)でも取り上げられていました。 C・S・ルイスに先駆けた神学SFの傑作かと思われます。 C・S・ルイスの場合は異教徒を受け入れないような偏狭さとキリスト教の宣伝臭さが鼻に付きましたが、造物主と悪魔と人間を一つの存在の違った側面と見る本作はルイスの「別世界物語」三部作よりはるかに柔軟であり、ある意味、本質を突いた鋭い作品と言えるかも知れません。 絶版状態にあるのが惜しまれる作品です。 できれば手軽に手に取れる文庫版がありがたいですね。 (2011/06/15)

1

もう随分前に2種類の翻訳で読みました。その当時は”なんだか わからないけどスゴイ”という読後感がありました。知人から 借りて読んだもので、今になってもう一度読み返してみようと したら入手できないことがわかって復刊リクエストします。 しかし、なぜこのような本が絶版のままなのか理解に苦しみます。 (2008/03/11)

1

名作と評判が高く是非読みたいと思っている内にサンリオ文庫が消滅してはや十数年・・・未だに読みたいです。 (2007/09/14)

0

是非読んでみたいです。 (2006/10/30)

0

説明を読んだだけで幻想的な雰囲気が伝わってきました。是非読んでみたいです。 (2006/10/13)

0

もっと見る

新着投票コメント

おもしろそう よみたい (2011/07/16)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

アルクトゥールスへの旅 デイヴィッド・リンゼイ 著 / 中村保男 中村正明 訳
3,564円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/03/17
『アルクトゥールスへの旅』販売開始しました!
2003/08/16
『アルクトゥールスへの旅』(デイヴィッド・リンゼイ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る