1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『いばらの旅路(ロバート・シルヴァーバーグ)』 投票ページ

いばらの旅路

  • 著者:ロバート・シルヴァーバーグ
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/08/07
  • 復刊リクエスト番号:18564

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

惑星マニプールの調査から帰還したミナー・バリスを待っていたのは人々の嫌悪のまなざしだった。なぜなら彼はマニプール人に捕らえられ人間とは思えぬ奇怪な姿に改造させられていたのだから。しかし、そんな彼を愛するものが現れた。彼女の名はロナ・ケルビル。科学者に卵子を提供し100人の子を持つ母となった17歳の処女である。大富豪ダンカン・チョークの計らいで二人はハネムーンに旅立つ。しかし、これは罠だった!!

ヒューゴー賞&ネビュラ賞候補作。

投票コメント

-これ、文庫には落ちていませんよね。心と体の苦痛を乗り越えたその先にあるもの、人は何のために生きるのかってことを描いた作品です。読んでもらいたい人がいました。 ハヤカワSFシリーズ3295(0297-232950-6942) (2008/07/27)

1

とにかくロバート・シルヴァーバーグを読みたい。 (2006/07/01)

0

大好きな本なので、また読んでみたい。 (2004/06/17)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/08/07
『いばらの旅路』(ロバート・シルヴァーバーグ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る