1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『フランス怪談集(日影丈吉・編)』 投票ページ

フランス怪談集

  • 著者:日影丈吉・編
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/04/09
  • ISBNコード:9784309460666
  • 復刊リクエスト番号:15675

得票数
12票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

故・日影氏の選んだ、怪談選集。以下収録作。
『魔法の手』        ジェラール・ド・ネルヴァル
『死霊の恋』        テオフォル・ゴーチェ
『イールのヴィーナス』   プロスペル・メリメ
『深紅のカーテン』     ジュール・バルペー・ドールヴィイ
『木乃伊をつくる女』    マルセル・シュオッブ
『水いろの目』       レミ・ド・グウルモン
『聖母の保証』       アナトール・フランス
『或る精神異常者』     モーリス・ルヴェル
『壁をぬける男』      マルセル・エーメ
『死の劇場』       アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ
『代書人』         ミシェル・ド・ゲル・ロード

投票コメント

現代は「洒落者」の存在を許さないのかもしれない。ほんの少し 前、それらの人たちの最後の一団が消えていったように思う。日 本限定として小説家なら中井英夫・結城昌治などと並んで日影丈 吉を是非とも加えなければならない。彼らの小説は虚構の物語と して職人芸的に組み上げられつつ、透明な哀感がたたえられてい る。そんな日影氏の原点を垣間見るという興味も込めて本書の復 刊を強く希望します。 (2006/02/09)

1

1989年11月4日初版発行 473頁 760円 やっぱりゴーチェの「死霊の恋」はこの手のアンソロジーには必須なのかな。思えばもう随分幻想文学傑作選が出版されていないな。ちくま文庫さん、がんばってくださいナ。出来たら小ロマン派のものが読みたい。 (2004/02/16)

1

「ラテンアメリカ怪談集」が復刊されたのでこちらもぜひ。 (2017/12/11)

0

怪談や怖い話しが好きなので (2013/07/08)

0

日影丈吉が選んだという点に非常に興味がわいた。 (2011/02/11)

0

もっと見る

新着投票コメント

イールのヴィーナスを岩波版と比べて読みたいので (2018/12/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2011/02/11
『フランス怪談集』が10票に到達しました。
2003/04/09
『フランス怪談集』(日影丈吉・編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

幽霊・お化け・妖怪(怪談)に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る