復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

9

投票する

フランドルへの道

フランドルへの道

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 9

著者 クロード・シモン
出版社 白水社
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784560042663 9784560044209
登録日 2002/12/06
リクエストNo. 13656

リクエスト内容

第二次世界大戦でのフランス軍の大敗走、
ド・レシャック大尉の自殺、その妻コリンヌの浮気、
平和な日々の競馬場のマロニエの木立と赤や緑や空色の騎手帽、
馬上でドン・キホーテのシルエットと化すド・レシャック大尉、
フランドル街道に半ば土と溶けあった馬の死骸……
……戦後のある一夜、眠る妻の横で、ジョルジュはそのすべてを
思い出す。

プルースト、ジョイス、フォークナーの発展させた手法を用い、
視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚など五感すべてを動員して、フランスにとっての、
またシモンにとっての「あの戦争」とはどういうものであったかを描く、作者渾身
の代表作。
ヌーヴォー・ロマン最大の収穫であり、第二次世界大戦を扱った最大の傑作です。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全9件

  • ノーベル文学賞受賞時の朝日新聞(1985/10/18)に載った談話
    ―文芸評論家・篠田一士氏―
    2,3年前から名前の出ている人で、日本ではほとんど翻訳されています。シモンは、ビュトールやロブ・グリエ、サロートなどヌーボー・ロマン派の作家の中では私はダントツだと思う。フランス農民の強さが軸になっていて、作品が骨太なものになっている。つまり前衛的だけれども空回りはしてない。こういう作家を選んだスウェーデンのノーベル文学賞に、私はひさびさに敬意を表します。
    ―東大教授・菅野昭正氏―
    クロード・シモンは人間の記憶の問題を大切にした作家で、他のヌーボー・ロマンの作家たちとはちがってスケールの大きい小説家です。若いころ絵かきになりたかったというだけあって、子供のころ、スペイン市民戦争、第二次大戦などの記憶を鮮明なイメージで描いており、どんな場合にも共通する人間の問題をかかえています。そんなところがヌーボー・ロマンの他の人たちとは別格に評価されたのだと思い、うれしいです。何年か前に、来日したおり対談などもしたが、とてもまじめな人で、食事もとらず話し続けていたのを思い出します。 (2002/12/06)
    GOOD!1
  • 代表作といわれているものが、ふつうに読めないのは悲しいです。 (2016/03/09)
    GOOD!0
  • 是非復刊して欲しいです。とある本で紹介されていて、凄く読みたいと思いました。 (2013/03/08)
    GOOD!0
  • 文芸誌に紹介されていたのを読んで、是非読みたいと思った。 (2004/04/29)
    GOOD!0
  • ? (2004/04/09)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2004/09/01
    復刊!クロード・シモン著、平岡篤頼訳『フランドルへの道』

  • 2002/12/06
    『フランドルへの道』(クロード・シモン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!