1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『純粋理性批判 1~4 (講談社学術文庫版)(イマヌエル・カント 著 / 天野貞祐 訳)...』 投票ページ

純粋理性批判 1~4 (講談社学術文庫版)

得票数
143票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

現在,『純粋理性批判』の翻訳というと,簡単に入手できるものとしては岩波文庫の篠田訳しかないのですが,これはかなり問題含みの訳だといわれています.定評ある天野訳の復活がまたれます.


投票コメント

いろいろ読んでいるのですが、やはり最近の物になるにつれ、読後に原書に当たらないとわからないじゃないかと思うことが増えており、良書とされる訳文に照らして、自分の読み漏らしや理解漏れを防ぐ意味でも、こうした書籍は存在していないと困るため。 (2016/10/10)

1

この書を読みたい人は多いにも関わらず、入手しづらいのが現状でしょう。 ぜひ、復刊していただきたい。 哲学史上最大の著作のひとつの、最良の翻訳を復刊することはあなた方にとって名誉であり、また、喜ばしいことではありませんか。 (2013/06/05)

1

純粋理性批判に関する特集記事が掲載されている雑誌を読み興味を持ちました。その後ネットで調べたところ、天野貞佑氏の翻訳が高く評価されているということでぜひ天野氏の翻訳で読みたいと思っております。ただ絶版で古本屋に行ってもなかなか手に入らない現状なので残念です。ぜひ復刊をお願い致します。 (2010/06/22)

1

学生の頃は普通に新刊本の本屋に並んでいたような…。 指導の先生が岩波と講談社でどちらを推奨していたか? 覚えてないな(汗)。 「あっちもこっちも読んでそれを比較するのも研究だ」などとは言われたことはないですな。 などと知的な興奮ではなく、懐古趣味で投票です! (2007/05/31)

1

カント哲学に興味があり、その先駆者としても名高い天野先生この翻訳本をまた世に出していただきたいと思います。 新訳本と読み比べをする中で、理解に深みも増していくからです。またどのようにカント哲学の理解が変遷していったかということを知るのも、研究者の方々に限らず一般読者にとっても非常に興味深いことと思います。 是非この本を復刊してください! (2007/02/11)

1

もっと見る

新着投票コメント

純粋理性批判の天野貞祐訳が、多くの邦訳の中で最も読みやすいから。 京都学派の下村寅太郎(訳書解説)が言うように、日本初の邦訳で読みやすいだけでなく、正確な訳であることもまた画期的。 古本で入手したが、実際に、2ヶ月以内に2回読みできた。 ぜひぜひ復刊して欲しい! (2018/06/21)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/03/06
『純粋理性批判 1~4 (講談社学術文庫版)』が規定数に到達しました。
2002/10/18
『純粋理性批判 1~4 (講談社学術文庫版)』(イマヌエル・カント著/天野貞祐訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2011/02/21
復刊活動:「純粋理性批判 1~4 (講談社学術文庫版)」
《交渉結果》打診後の進捗を確認 【2/21(月)】

復刊の可能性をご検討いただけるよう、出版元へいま一度お願いいたしました。
皆様へお伝えできる情報が入りましたら、改めてお知らせいたします。
(交渉先:講談社)
2006/03/06
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る