復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

31

投票する

プログラミングの心理学またはハイテクノロジーの人間学

プログラミングの心理学またはハイテクノロジーの人間学

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 31

リクエストに関連する復刊/関連商品をみる

著者 ワインバーグ,G.M.
出版社 技術評論社
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784774100777 9784822284701 9784839915940
登録日 2002/06/27
リクエストNo. 10880

リクエスト内容

『一般システム思考入門』でも有名なワインバーグが、本業のコンサルティング業務の基礎となる思想を展開した書籍らしいです。レイモンド,S.D.の『伽藍とバザール』では、かの「ブルックスの法則」を訂正した「エゴのないプログラミングではプラグラマーが多数集まってもソフトウェアの改善が進む」と主張したとか。フリーソフトウェア運動の伝道師、ストールマン,R.M.にどの程度影響を与えたのかはわかりませんが。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全31件

  • 「初めてのアジャイル開発」グレーグ・ラーマン著でも「コンサルタントの秘密」と並んで「プログラミングの心理学」を古典的名著として紹介されています。
    「コンサルタントの秘密」を読んだ者としては是非とも読んでみたい一冊です。 (2004/11/17)
    GOOD!1
  • ITシステム導入の成否は、プログラムの機能もさることながら人間系が重要な鍵を握る。同様にシステム構築プロジェクトでも、チームメンバのモチベーションがかなり大きな要因になると思う。ワインバーグがどんなことを書いているのか読んでみたい。 (2003/11/29)
    GOOD!1
  • 持っていますが、「Silver Anniversary Edition」版として強く希望。
    とりあげている事例は古いものの、それがあらわす内容自体は古びない真実だと思います。「Silver Anniversary Edition」として追加された記述を読めるのであれば、またあらためて購入します。 (2003/05/11)
    GOOD!1
  • フリーソフトウェア運動についての書籍を読んでいるうちに、どちらかというと経営コンサルタントと思っていたワインバーグが関わりを持っていることに気づかされました。しかし、版元品切れでした。古書店も検索しましたが、ヒットしませんでした。 (2002/06/27)
    GOOD!1
  • 良書とのことなので,是非読んでみたいです. (2011/08/10)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

タイトル 価格 サイト
プログラミングの心理学 【新訳・新装版】 2,420円 アマゾン
※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

NEWS

  • 2011/08/02
    『プログラミングの心理学 【新訳・新装版】』復刊決定!

  • 2005/03/02
    『プログラミングの心理学  25周年記念版』販売開始しました!

  • 2002/06/27
    『プログラミングの心理学またはハイテクノロジーの人間学』(ワインバーグ,G.M.)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!