1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『算法少女(遠藤寛子)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧

コメント一覧

算法少女

全107 件

江戸時代に同名の著作があり、それへの由縁で書かれた児童文学の好著と思います。 (2006/04/01)

0

サイト「和算の館」で推薦されていました。数学史上重要な書籍、ぜひ読みたいと思います。 (2006/03/21)

0

中学の時図書館で借りました。 とても面白くて何度でも借りました。 自分を形成する一部になった一冊です。 (2005/12/14)

0

絶版は残念です。和算の世界を楽しく学べるのでぜひ復刊おねがいします。 (2005/10/11)

0

和算の楽しさ・面白さ・厳しさを味わいたいから。 (2005/08/31)

0

和算について、幅広い層に知ってもらいたいから (2005/07/20)

0

遠藤寛子さんの書かれる本はおもしろいからです。ていねいでマニアック! (2005/07/16)

0

図書館の本を読んで、手に入れたく古本屋を探しているが、見つからないの で。 (2005/05/25)

0

和算に興味があります。面白そうな本なので是非読んでみたいと思いました。 (2005/04/08)

0

数学小説のジュブナイルは珍しく、貴重ですよね。 既に交渉中ですがダメ押しで投票します。 (2005/02/17)

0

遠藤先生の講演を聴講し、とても興味を持ちました。 (2004/12/11)

0

「女の子と算数」というテーマで読ませてくれるものは、なかなかありません。算数好きだった元・少女としては、ぜひ手に取りたいです。 (2004/11/18)

0

このような本があるのをあるWebサイトで知り、児童書でこのような本があるのかと興味がわきました。 (2004/11/01)

0

読んでみたいです (2004/10/14)

0

興味があります。絶対、読みたいですね。 早速、図書館で借りて読みました。やっぱり、よかったです。 (2004/10/13)

0

幹

懐かしい!小学生時代に何度も繰り返し読んだのを覚えています。江戸時代、ということは当然漢数字での計算。それを考えるだけでも気が遠くなりそうなのに自分と(当時)同年代の少女が複雑な計算に取り組んでいる。それがほぼ実際にあったことらしいと知って驚いたものでした。親となった現在、数学嫌いの娘にも読ませたい1冊です。 (2004/10/13)

1

子どもを数学を好きにさせるには、ただ問題を解いて勉強をさせるだけではなくその歴史を教えたり、歴史上の数学者の人となりを教えたりして親しみを感じさせることが必要だと思います。このような本を読んで一人でも多くの子どもが数学が好きになって欲しいです。 (2004/10/13)

1

高校時代、大好きだった数学に行き詰っていた時に、数学の先生が宿題でこの本を紹介してくださいました。すぐに本屋に予約しましたが絶版。色々な図書館に問い合わせやっと出会えました。読んで感動。また数学が好きになり、その後はスランプに陥ることなく今は数学教師。こどもたちにも是非読んでもらいたい1冊です。その時の高校の先生が、岩崎書店さんに手紙を書いて一度は復刊したとも聞いたのですが。是非もう一度復刊させてください。 (2004/10/12)

1

30年前の読みました。次世代にも読ませたいです。 (2004/10/12)

0

ym

ym

最近算額にちょっと興味を持ったのですが、まだちょっととっつきにくいので、わかりやすそうなこの本を読んでみたいと思いました。 (2004/10/11)

0

面白そうな本なので、ぜひ読んでみたいと思います。 (2004/10/09)

0

良い本だと言う知人の声を聞いた為 (2004/10/09)

0

「評伝もの」が好きなので。 (2004/10/07)

0

母の友人です。 これからもがんばっていただきたいです。 (2004/10/06)

0

いい本だから。 (2004/10/06)

0

面白そうだから. (2004/10/04)

0

とあるサイトで知ったのですが、とても面白そうな本みたいで、是非読んでみたい。 (2004/10/01)

0

遠藤寛子氏のファンです。 (2004/09/24)

0

面白そうです。 (2004/09/22)

0

題材が面白そう (2004/09/10)

0

全107 件

TOPへ戻る