1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ふしぎなふしぎな物語 全4巻(三橋一夫)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧

コメント一覧

ふしぎなふしぎな物語 全4巻

全62 件

過去読んだことがあり、非常に面白かった。 日本には珍しい、ファンタジー系の幻想小説という印象がある。 戦前の作品は、多く復刊されているが、この作家の世代は冷遇されているように感じる。 もう少し、高く評価されても良いのではないかと思う。 (2012/12/01)

1

別の復刊本がおもしろかった (2006/01/28)

0

古書では相場が高くて手がだせません…。日本を代表する正統ファンタジー作家でありながら、一般の知名度の低さにガックリします。 今、巷はファンタジー全盛期ですので、これを期に彼を知らない皆さんにも日本文学の底力を知って欲しいですね! 電子ブックもいいかもしれませんが、できるだけ紙媒体で読みたい作品のひとつです。 読後感のはにゃーんとする感じがマルセル・エイメを彷彿とさせるのは、私だけでしょうか。 (2006/01/06)

1

出版芸術社からハードカバー全3巻で復刊! http://www2.famille.ne.jp/~shuppan5/ (2005/11/04)

0

とにかく、読みたいのです。 (2005/10/24)

0

強く復刊を望みます! (2005/07/29)

0

三橋一夫は何処が面白いかははっきりとは指摘できないのですが、何故かずっと心に残っている作家です。その幻想的な作品群は、どなたでも理屈ぬきに楽しむことが出来ると思います。 最近、今までのように単品ではなく、作品集として三橋本を読もうと探してみたところ、国書の「勇士カリガッチ博士」くらいしか見つかりませんでした。こんな素晴らしい幻想作家(探偵作家?)の名を、時代の塵に埋もれさせておくのは非常に惜しいことです。 とりわけ本書は、どなたでも気軽に手に入れることの出来る、文庫という形態で刊行されているということなので、私も一票投じたいと思います。 復刊を祈ります。 (2005/02/27)

1

三橋一夫、まさに「まぼろし」の作家になってしまっています。 手軽に読めるように文庫での復刊をぜひお願いします。 (2005/02/02)

0

tft

tft

兎に角面白い(一部しか読んだ事ありませんが…)。奇妙な味の物語群です。復刊是非お願い!!! (2004/11/25)

0

絶対お願いします (2004/08/31)

0

古書価が高騰しています。1巻だけ持っていますが、珠玉の内容です。春陽堂もつまらない時代小説出すよりも三橋一夫の本復刊してくれればいいのに・・・・・。 (2004/08/28)

0

ぜひ、読みたい。 (2004/08/08)

0

とにかく読みたい (2004/03/27)

0

気になって仕方がありません。是非読みたいです。 (2004/01/15)

0

久遠寺の木像が是非もう一度読みたい。 (2004/01/12)

0

絶対買います (2004/01/08)

0

読んでみたいです。 (2003/12/25)

0

古書でも探していますが、探し切れません。 宜しくお願いします。 (2003/11/22)

0

どうしても読みたいのです。古本屋でも見たことがないし。 (2003/10/26)

0

「勇士カリガッチ博士」は大好き。これが復刊されたら絶対買います (2003/10/23)

0

どんな形であれとにかく読みたいと思っていたのですが、カバーもいいという情報を聞くと、オリジナルの形で読みたいと思いました。いやでも贅沢は言いません。やはりどんな形であれ読みたいです。 (2003/09/27)

0

面白そう。ぜひ読みたいです。 (2003/09/26)

0

ブラックジャックのすべてをよみたい。 (2003/09/24)

0

へええ。読んでみたい!! (2003/08/28)

0

ぜひぜひ読みたいのです。お願いします。 (2003/08/10)

0

癒し云々にはいい加減ウンザリですが、この人の小説は素直にほのぼのできます。是非、全編とおして読んでみたいです。 (2003/07/18)

0

三橋一夫、全く読んだことがないので。 (2003/07/10)

0

一部の作品はアンソロジーなどでも読むことは可能ですが、まとまって読む機会を得ないのは残念。 (2003/06/25)

0

探偵クラブ収録の「親友トクロポント氏」や「勇士カリガッチ博士」の純粋さ&無垢さに感動しました。その選集に未収録の作品も、是非読んでみたい。 (2003/05/04)

0

このうちのいくつの作品を読み、感動した思い出があります。全巻そろえることができず、大変残念に思っています。春陽文庫のカバーも大好きでした。そのときのカバー絵で復刻してほしい。 (2003/01/05)

0

全62 件

TOPへ戻る