復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

アツヤさんの公開ページ 復刊投票コメント一覧

復刊リクエスト投票

  • ヨーロッパの町と村

    【著者】井上裕・浩子

    なぜヨーロッパは大都会の繁栄だけに片寄らず、各地方の小都市それぞれが個性ある魅力的な景観を維持しているのか。
    東京大学工学部建築学科卒で海外経験豊富な一級建築士、工学博士である井上氏自らが現地を案内するかの様に「町」と「村」が個々の単位として生き続ける都市計画のための重要なポイントを、充実したカラー図版を提示しながら解説してくれる、価格以上の内容を備えた比類の無い一冊です。
    もちろん写真そのものを楽しむ目的で購入しても、並みの旅行本をはるかに凌ぐ満足が得られる事は間違いありません。(2009/06/22)
  • 青春とはなんだ

    【著者】石原慎太郎

    石原慎太郎氏の小説中、今で言えばライトノベルに属する一連の作品、例えば「青年の樹」「雲に向って起つ」「おゝい雲」そしてこの「青春とはなんだ」は先入観で捉えていた以上に面白く、読み出したら止まらない。
    漱石ファンは怒るかも知れませんが、「青年の樹」が石原流「三四郎」であるとすれば「青春とはなんだ」は石原流「坊っちゃん」ではないだろうか。(2008/10/24)
  • ギッシング選集

    【著者】ジョージ・ギッシング

    19世紀のイギリス小説の中で、稀に見るリアリズム性という点から(他の作家は誰もがイギリス特有のデフォルメ化によって歪められており、ヨーロッパ全体の水準に達していない)、一番関心を引かれるのがギッシングの作品群です。(2008/08/26)
  • 侯景の乱始末記 -南朝貴族制社会の命運- (中公新書357)

    【著者】吉川忠夫

    それほど馴染みのある時代ではないかも知れませんが、漢民族と異民族が入り乱れつつ集合離反、民族単位でせめぎ合うよりは利害によって同族が敵味方に分かれたり、どちらに転んでもおかしくない面白さを含んだ動乱だったと言えます。(2008/06/22)
  • 反逆者の財布

    【著者】マージェリー・アリンガム

    アリンガムはイギリス的な雰囲気を感じさせる、気になる女性作家です。(2008/03/28)
  • 長嘯子全集 全6巻

    【著者】木下長嘯子(木下勝俊)

    400年前の人物であるにも関わらず、『全集』が組めるほど文化的・歴史的な重要性と価値が認められ、今日まで伝えられて来たその業績を、もう一度読書界は受け取るべきだと思いました。(2007/12/11)
  • ごった煮

    【著者】エミール ゾラ

    ゾラは最近復活しております。(2007/08/14)
  • ナバブ 全2巻

    【著者】アルフォンス・ドーデー

    ドーデの最大長編を19世紀小説として読み返したい。(2007/06/30)
  • プニン

    【著者】ナボコフ

    「ナボコフの読者は遅れてやって来る」ーーーここは出版社もチャンスと思って復刊しましょう。(2007/05/23)
  • シュテヒリン湖

    【著者】テーオドア・フォンターネ

    フォンターネ文学の或る意味で集大成とも言える、著者の円熟した社会観・世界観が注ぎ込まれた分量的にも充実した傑作。(2007/05/09)
  • スアレス形而上学の研究

    【著者】田口啓子

    名著です。是非多くの人に読んでほしい。(2007/04/17)
  • 断崖

    【著者】ゴンチャロフ

    岩波ならばいつかは...と期待して一票。(2007/04/17)
  • 青春

    【著者】ナボコフ

    新潮社ってあまり復刊してくれないからなあ...でもどこかで版権を買って出して欲しい。(2007/04/17)
  • 絶望

    【著者】ナボコフ

    この本も品薄に付け込んだ古本サイトの一部が、ベラボーな値段をつけているのに怒りを覚えた次第です。(2007/04/17)
  • 賜物

    【著者】ウラジミール・ナボコフ

    古本サイトなどでベラボーな値段がついており、品薄に付け込んで暴利をむさぼる光堂などに天誅を食らわせてやりたい気分からです。(2007/04/17)

T-POINT 貯まる!使える!