1. TOP
  2. yakoutyuさんの公開ページ

yakoutyuさんのページ

復刊リクエスト投票

不老不死仙遊記(原題:緑野仙踪)

かつて、創元社の「世界少年少女文学全集」の中国編に、奥野信太郎氏の訳(抄訳と思います)で掲載されていました。三国志、聊斎志異とセットだったと記憶しています。非常に面白くよみました。この分は、まだわが家にあると思います。抄訳ではなく、全訳を期待します。 明末が舞台で、倭寇との戦いや、師尚紹の乱の鎮圧など派手なシーンが多く、さまざまな仙術が入り乱れて実に痛快なお話です。 (2014/12/10)

不老不死仙遊記(原題:緑野仙踪)
【著者】李百川 山県初男・竹内克己(共訳)

特だねベル子さん/オフィス7

時代もの、SFもの、のちには中国古代もの作家という印象が強い横山光輝の、これは実に明るいロマンチックサスペンスのシリーズ。明星などのスター情報誌に連載されたことや、当時はスリルとサスペンスが人気だったということが背景にある。しかし、赤いタイトスカートのスーツに身を包んだベル子さんはまことに清楚でセクシーだった。この作家は注文に応じてどんな主人公でも書ける器用さがあり、良く似た顔の登場人物を大量に出しても平気という図太さもある。マア、実に職人的なひとだったが、数少ない現代物は、どっちかというとヤクザなギャング風の男を主人公にしたものが大半。女も整った顔と薄い色の髪の情婦タイプばかりで、カッコイイ女性のヒロインはベル女史ばかりだった。きっと彼女の幼い頃は、おてんば天使か魔法使いサリーに似ていたろう。 (2012/06/17)

特だねベル子さん/オフィス7
【著者】横山光輝

平安京提要

初めて日本文化が花開いた時代への興味 (2010/12/15)

平安京提要
【著者】古代学協会・古代学研究所編集 角田文衛総監修

朱房の小天狗

この漫画が忘れられるのは惜しい (2009/05/09)

朱房の小天狗
【著者】うしおそうじ

お山の子ぎつね

この作者の数少ない少女漫画。名作だったのになあ。 (2009/05/09)

お山の子ぎつね
【著者】わちさんぺい

もっと見る

yakoutyuさん

yakoutyuさん

プロフィール

[ニックネーム]
yakoutyuさん

TOPへ戻る