復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

avalyn threeさんのページ

復刊リクエスト投票

  • 竜の夢その他の夢 <夢みる惑星ノート>

    【著者】佐藤史生

    佐藤史生さんの『ワン・ゼロ』が大好きで、とにかくひたすら読んでいるのですが、『夢見る惑星』は未読でした。どうせ好きになるのは間違いない、ということで、強度にへそ曲がりの僕はまだ読まずにいたのでした。この画集の存在は最近になって知りました。これを機に『夢見る惑星』モードに突入したいと思います。よろしくお願いします。(2010/08/24)
  • ブラッドソード全5巻

    【著者】デイブ・モリス/オリバージョンソン/大出 健訳

    全5巻で完結ずみの原書が、4巻まで訳出された状態で止まってしまったというのは、めずらしいケースですね。ゲームブックの存在自体がいかに圧迫されていたかを物語るようです。この作品のもつ「多少とっつきにくい雰囲気」は、むしろ今のほうが求められているように思えます。
    「ゲームブックは好きだが、それは必ずしもライトな遊びを欲しているという意識によるものだけではない」という気持ちを込めて、投票したいと思います。全巻通しての購入希望者も多いのではないでしょうか。期待しています。(2008/02/19)
  • 夏の樹

    【著者】ガイ・ゲイブリエル・ケイ

    たとえそれが最後の読書になったとしても、望むところであると宣言してもいい《フィオナヴァール・タペストリー》三部作。

    この10年以上に及ぶ不在は、そのまま日本の海外ファンタジイ翻訳界における「損失と空白の歴史」だし、一方では、ファンタジーの拡大再生産と二次利用による「ハイ・ファンタジイの失墜」の最大級の要因と言えるんじゃないか。

    最近のリニューアル刊行に付随してくる「作品イメージの刷新」の不器用さ(意匠としてのカバーデザインの時の検証に耐えられない弱さ)を見ていると、不安が募るのは確かで、時がめぐるのを待つのも大切かもしれない。
    なにしろ、「いつか、かならず」読みたい物語なのだから。

    井辻朱美さんの渾身の翻訳による『夏の樹』を愛読されているのならば、「そこまで読みたいなら自分で訳して読めばいいのに」なんて言われても、あやふやな笑顔でかえすぐらいは、もう慣れたものですよね。

    この第一巻の出版に関わった人々が、この三部作を重要だと認識しているからこその、ながい沈黙であると、私は信じています。(2006/04/07)
  • ローンウルフ

    【著者】ジョー・デバー&ガリー・チョーク

    「復刻」希望。
    ホビージャパンならではというか、あの硬い(ほめてます)装丁のままで出して欲しいなあ。昨今の書籍の表紙デザインは、正直に言って評価に苦しむところがある。(2005/05/17)
  • EUGENE

    【著者】森脇真末味

    仮想サッカークラブ、FCフラワーコミックス(通称F.C.F.C.)
    があるとして、不動のダブル・ボランチは森脇真末味と佐藤史生の
    おふたり。オウン・ゴール、遅延行為、だれにも読めないパス、
    ざるのようなディフェンス、スタンド・プレイと超ロングシュート、
    そしてメンバーとの不協和音。
    そんな活躍にサポーターの信頼はかなりあつい。らしい。(2005/01/29)

もっと見る

T-POINT 貯まる!使える!