復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

翁婆さんのページ

復刊リクエスト投票

  • 売れない写真家になるには

    【著者】樋口 健二

    自虐的な題名ですが、大変な苦労をされるような取材を繰り返してきた樋口健二さんの貴重な著作です。経済界、大企業の幹部が広告出版界にも大きな力を持っていることは、今回の福島第一原発事故で多くの方が知ったことかと思います。樋口健二さんは外国でも日本人初の賞をとられるなど、大変な実力家ですが、不思議なことに著作はほぼ全て絶版となっております。当然権力者たちにとって都合の悪い事実を書いた著作への圧力や一般の方への宣伝効果の有無など色々な問題が含まれているかと思います。今こそ、国民の力で著作を復活させませんか?売れない写真家の人気を集まるのもひとえに僕たちの一票にかかっています。(2011/04/12)
  • 風呂あがりの夜空に 全5巻

    【著者】小林じんこ

    名作ですよね(2011/03/23)
  • 親指姫の冒険

    【著者】小林じんこ

    好きな作者ですが 本は未読です。(2011/03/23)
  • 樋口健二報道写真集成―日本列島’66‐’05

    【著者】樋口健二

    あの福島第一原発事故!日本中の誰もが毎日忘れることはなかったと思います。こんなときだからこそ 今こそ 30年以上前より原発の闇を取材し世の中に伝え続けてくれた 樋口健二さんの著作を より多くの人間が知るべきだと思います。節電で集まった日本人の気持ちを復刊への力にもお借りしたいです。樋口 健二氏
    フォト・ジャーナリスト。1937年長野県生まれ。69年、四日市公害を7年間にわたり追い続け写真展『白い霧とのたたかい』で発表、74年、国連主催世界環境写真コンテスト・プロ部門で写真集『四日市』が入賞。87年、ニューヨークでの第1回核被害者世界大会で日本の原発被曝実態を報告。2001年、核廃絶NGO「ワールド・ウラニウム・ヒアリング」(本部・ドイツ)創設の『核のない未来賞』の教育部門賞を日本人として初受賞。日本写真芸術専門学校主任講師、日本ジャーナリスト専門学校主任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)(2011/03/21)
  • 闇に消される原発被曝者

    【著者】樋口健二

    あの福島第一原発事故!日本中の誰もが毎日忘れることはなかったと思います。こんなときだからこそ 今こそ 30年以上前より原発の闇を取材し世の中に伝え続けてくれた 樋口健二さんの著作を より多くの人間が知るべきだと思います。節電で集まった日本人の気持ちを復刊への力にもお借りしたいです。樋口 健二氏(ひぐち けんじ、1937年 - )は、長野県出身の男性報道写真家。四日市ぜんそくをはじめとする公害や原子力発電所における被曝労働等の取材で知られる。日本写真芸術専門学校副校長、日本ジャーナリスト専門学校客員講師、日本写真家協会会員、世界核写真家ギルド会員 受賞歴 1974年 国連世界環境写真コンテストプロ部門において『四日市』が入賞 2001年 ワールド・ウラニウム・ヒアリング核のない未来賞教育部門賞受賞 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%8B%E5%8F%A3%E5%81%A5%E4%BA%8C (2011/03/21)(2011/03/21)

もっと見る

T-POINT 貯まる!使える!