復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

ALPさんのページ

復刊リクエスト投票

  • ドラゴンランス・ファインアート 異界の扉

    【著者】メアリー・カーカフ/編 鷹井澄子/訳

    エルモアやパーキンソンなど、当時の重厚なファンタジーイラストを描くお抱え画家たちの競作という側面からも非常に価値がありますし、ドラゴンランスシリーズという点で今「旬」となっている感もありますから、この機会に是非とも復刊をして欲しいですね。現在出版されているD&Dにはない重厚なファンタジーイラストが描かれているこの書籍はドラゴンランスファンはもちろんのこと、D&D系ゲーマーにもお勧めです。(2003/09/30)
  • ワルキューレの伝説外伝 ローザの冒険ファンブック

    【著者】ログイン編集部

    タイトルに騙されてしまうかもしれませんが、
    ワルキューレシリーズを網羅したデータブックとして、
    非常に価値が高い一冊だと思います。
    古き良きゲームのキャラクターの思い出を手元に置いておきたいです。(2003/09/11)
  • ワルキューレ ストーリーブック

    【著者】冨士宏

    富士 宏先生の描くワルキューレは、ぜひとも手元に持っていたい。(2003/08/11)
  • 「探索の魔石」シリーズ全6巻

    【著者】K・ノバック、J・グラブ/安田 均、笠井 道子訳

    現在、新たな日本展開を開始しているドリッズトの物語と並び
    人気の高い女剣士エイリアスを主人公とした長編小説ですが、
    日本ではTSRとの版権の問題もあり、2巻までしか発売されず
    その後も絶版により入手が難しくなっています。
    「フォーゴットンレルム」の世界を紹介する資料としてはもちろん
    記憶をなくした主人公が自分探しをするという題材自体が
    小説として普遍的なものと言えるでしょう。また、魅力的な
    AD&Dの世界独自の生物の活躍も描かれており、現在流行の
    ファンタジー小説の新たな流れとして楽しむということも十分可能です。
    そして、訳者は現在日本語版展開中の「ダークエルフ物語」を翻訳中の
    安田、笠井コンビであり、その高い翻訳レベルもこのまま埋もれさせておくには
    非常に惜しいです。(2003/06/04)
  • プール・オブ・ダークネス

    【著者】J・Mウォード/A・k・ブラウン

    前作「プール・オブ・レイディアンス」がコメディタッチであるのに対して、今作ではより一層シリアス度が増し、また主人公たちに立ちはだかる敵も強力になっているところなど、主人公の強さに応じた展開に、あっという間に引き込まれていきます。というより、D&Dシリーズが最近になり復刊に湧いている中、これらFRシリーズを放置しておいて言い訳がありません、ラテナット!(2003/06/01)

もっと見る

T-POINT 貯まる!使える!