復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

48

投票する

白いおうむの森

白いおうむの森

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 48

著者 安房直子
出版社 ちくま文庫.筑摩書房
ジャンル 児童書・絵本
ISBNコード 9784480020680
登録日 2002/03/08
リクエストNo. 8201

リクエスト内容

7つぐらいの話からなる童話集です。収録作品は「雪窓」「白いおうむの森」「鶴の家」「野ばらの帽子」「「てまり」「長い灰色のスカ-ト」「野の音」です。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全47件

  • なんと表現して良いのか判らない感動を覚えます。初めてこの本を読んだ時は、心が震え、ドーンという、不思議なショックを受けました。とにかくお薦めです。今、こういう話を書ける人っていないのではないでしょうか?これが絶版だなんて、ホントにもったいない! (2006/09/01)
    GOOD!1
  • 小学生の折、学校の図書室でこの本を手にしたのが、安房直子さんの童話との最初の接点でした。ちょっと怖い、だけど不思議な世界感。そして読んだ後にチクッと心に残る感情…子供心に衝撃を受けたものでした。是非後世に残してほしい一冊です。 (2006/08/30)
    GOOD!1
  • 小学生の頃、図書室で借りて、とても不思議な面白さに完全にノックダウン!!もう一度借りたかったけど、二度と図書室で見かけませんでした・・・大人になってから、図書館で借りて再読したけれど、どうしても、欲しいです。 (2005/12/14)
    GOOD!1
  • 赤星亮衛さんの絵が好きで、それがきっかけで読んだ本でした。
    赤星さんの挿絵の入った本は、不思議なお話しが多いのです。
    「白いおうむの森」もその期待を裏切らない、ちょっぴり怖くて
    不思議なお話しでした。
    「野ばらの帽子」は見てはいけない領域のものを見てしまった
    畏怖。「長い灰色のスカート」は、森に迷い込んだら
    起こりそうな怖さ、そして錯覚などが織り交ぜられて
    お話しながら、リアルな感じがしました。
    読んでいる時は、怖くてドキドキするのですが
    読み終わると、不思議な透明感の残る美しい作品集です。
    安房直子さんの独特の作品、もう一度読んでみたいです。 (2005/01/19)
    GOOD!1
  • 家にあります。
    たしか、子供の頃入院した時にお見舞いでもらったものです。
    安房さんの童話って、ちょっとシュールでこわいところがありますが、大人がよんでも十分楽しめるので、未読の人にはぜひ読んでほしいと思ってリクエストしました。 (2004/02/12)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2006/09/06
    『白いおうむの森』販売開始しました!

  • 2002/03/08
    『白いおうむの森』(安房直子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!