1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『民夫くんと文夫くん、あのころ君はバカだった(景山民夫・高田文夫)』 投票ページ

民夫くんと文夫くん、あのころ君はバカだった

  • 著者:景山民夫・高田文夫
  • 出版社:角川文庫
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2019/06/16
  • ISBNコード:9784041736043 9784893530226
  • 復刊リクエスト番号:68515

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

解説の立川談志師匠の文章が死ぬほど笑える、談志の解説だけでも、390円の価値はある、と高田文夫先生が自分の本(『キンゴロー』)で紹介されておりました。もう談志師匠も景山民夫先生もこの世にはおりません。なんとかして復刊して欲しいです。頼むよ角川さん。

新着投票コメント

どうしても読みたいから。古書市とかでは見ません。 (2019/06/16)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/06/16
『民夫くんと文夫くん、あのころ君はバカだった』(景山民夫・高田文夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る