1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『わたしの菜食生活(秋田昌美)』 投票ページ

わたしの菜食生活

  • 著者:秋田昌美
  • 出版社:太田出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2019/06/06
  • ISBNコード:9784872339796
  • 復刊リクエスト番号:68472

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

わたしと、動物と、地球にやさしい生き方―。新しい食のスタイルを提案するこの1冊!何度でも読み返したい永久保存版!!いま・すぐ・家庭で出来る!世界的に活躍するミュージシャンが始めた、都会でできる菜食ライフ。かわいい動物たちのために、今日から目指す毎日ベジタリアン!人間のジョーシキは、地球のヒジョーシキ。

新着投票コメント

昨今ヴィーガンが話題になっていてそもそもヴィーガンとはどういうものなのか、そして著者の秋田昌美氏はメルツバウというノイズミュージックをやっていてその筋ではレジェンドといえるアーティストなのですが、なぜヴィーガンになったのだろうかという興味があったので読んでみました。これには著者がどうしてヴィーガンになったのかとか、どのような生活を送っているのか、何を食べているのか、そして動物に対する思いが書かれておりとても感銘を受けました。著者はアニマルライツという観点からヴィーガンになった方なのでPETAのことも書かれています。それから動物の軍事利用や日本と菜食に関する歴史といったことも書かれておりまして考えさせられる内容です。ヴィーガンやアニマルライツといったことが平易な文章で書かれているので読みやすかったです。今後ヴィーガンに対する理解を深める必要があるなと感じたので復刻を希望します。 (2019/06/06)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/06/06
『わたしの菜食生活』(秋田昌美)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る