1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『東西ロシアの黎明―モスクワ公国とリトアニア公国(G.ヴェルナツキー著 松木栄三訳)』 投票ページ

東西ロシアの黎明―モスクワ公国とリトアニア公国

  • 著者:G.ヴェルナツキー著 松木栄三訳
  • 出版社:風行社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2019/04/14
  • ISBNコード:9784938662424
  • 復刊リクエスト番号:68237

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

序 章 一五世紀なかばのロシア
第一章 イワン三世の「ビザンツ」との結婚
第二章 ノヴゴロド
第三章 イワン三世の対外政策
第四章 イワン三世の国内政策
第五章 ヴァシリイ三世の治世
第六章 一六世紀の西ロシア
第七章 リトアニアの衰退とウクライナ・カザークの勃興
第八章 ブレストの教会合同

新着投票コメント

中世ロシアについて学びたい。 (2019/04/17)

0

yaz

yaz

日本語では数少ない中世ロシアについて書かれたもので是非手元に置いておきたい本なので。 (2019/04/14)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/04/14
『東西ロシアの黎明―モスクワ公国とリトアニア公国』(G.ヴェルナツキー著 松木栄三訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

TOPへ戻る