1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『まぼろしの小さい犬(フィリパ・ピアス 著 / 猪熊葉子 訳)』 投票ページ

まぼろしの小さい犬

  • 著者:フィリパ・ピアス 著 / 猪熊葉子 訳
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2019/03/02
  • ISBNコード:9784001155068
  • 復刊リクエスト番号:68058

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

本書は、犬を飼いたいという憧憬じみた願望を通じて少年の心の成長を描いたファンタジー小説です。

誕生日祝いの子犬を期待していた少年ベンの、待ちに待った祖父からの小包の中味が一枚の刺繍犬の絵だったことを知ったときの落胆ぶり(失望と怒り)に、まずは同情を覚えます。

頭では都会では犬が飼える条件にない家の事情を理解できる年頃です。雌犬ティリーを飼う祖父母の田舎家で、祖母から21人もの孫がいると一家族に一匹でも犬を贈るとしたら大変なのだと諭されもします。でも、願望で一杯の心はまた別だから、ツライです。

亡くなった叔父さんからのメキシコ土産で祖母の宝物(思い出の品)だった刺繍犬の絵を、ベンはあろうことか帰りの汽車で無くしてしまいます。祖母からスペイン語の「チキチト チワワ」の意味をせっかく教えてもらったのに…。

ほんとうの犬を無くした気がしたベンは、瞼が塞がると(目を瞑ると)小さなチワワ犬の姿が見えるようになります。作者らしいファンタジックな世界ですが、私のような大人は、執着による幻視作用か、良心の呵責か、それとも奇病かとすぐ理屈をつけたがります。

大怪我から回復した主人公が田舎で子犬を産んだ祖父母の飼い犬ティリーと再会し、9匹の子犬と対面するシーンは感動的です。いいぞ、こりゃ願いが叶う吉兆やぞ。ロンドン北部への転居話が結実し、やっと念願の環境と飼い犬の許可の両方を手に入れます。

遂に大願成就かと思わせといて、相手が生き物だけに、理想と現実の食い違いを身をもって少年は体験することになります。これを克服して、一歩成長を遂げるのです。本当に良かったと、しみじみと幸福感の余韻が読者に伝わる幕切れは見事です。


投票コメント

出版社Webを見ても、「品切れ」というつれない表示しか出て来ません。勿論、図書館では読めますが、こんな良書が市販流通していないのは解せません。版権消滅のせいなのでしょうか? 30年前の本書はハードカバーの上製本でしたが、是非、手頃な価格の新装普及版(ソフトカバー)で復刻復刊して頂ければ、多くの少年少女へのビッグ・プレゼントになると思います。 (2019/03/02)

1

そのうち読もうと思っていた本のうちの一冊。 「トムは真夜中の庭で」ほどではないけれど フィリパ・ピアスのけっこう有名な作品なのに、 絶版になるとはびっくりです。 (2019/08/03)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/03/02
『まぼろしの小さな犬』(フィリパ・ピアス)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

犬に関するQ&A

耳の長いピンク色の犬が泥棒に連れ去られた友達を助ける話

【⠀いつ頃の本か 】→私が幼稚園生の頃に読んでいた本で、2005年頃だったと思います 【⠀覚えてる本の内容⠀】→耳の長い動物(確か犬だった気が…)泥棒もしくは強盗のような人となにかアクションを起こす...

TOPへ戻る