1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『空間充填曲線とフラクタル(H. Sagan (原著), 鎌田清一郎(訳))』 投票ページ

空間充填曲線とフラクタル

  • 著者:H. Sagan (原著), 鎌田清一郎(訳)
  • 出版社:シュプリンガー・フェアラーク東京
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/09/16
  • ISBNコード:9784431707752
  • 復刊リクエスト番号:67334

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

本書は、巡回セールスマン問題、画像処理など、情報関係の分野で応用され、成果を上げている「空間充填曲線(space‐filling curve)」の、日本語で初めての入門書。日本では「ペアノ曲線」として知られているこの曲線は、イタリアの数学者ジュゼッペ・ペアノによって、1890年に初めてその例が与えられ、以後、ヒルベルト、ムーア、ルベーグ、シェルピンスキーらによって、様々な生成方法が探求されてきた。彼らの業績をふまえ、図を豊富に用いて、簡潔、平明に記述されている。さらに、それぞれの数学者の略歴が写真とともに紹介されており、歴史的な背景も知ることができる。

新着投票コメント

読んでみたいから。 (2018/09/16)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/09/16
『空間充填曲線とフラクタル』(H. Sagan (原著), 鎌田清一郎(訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

TOPへ戻る