1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『綺譚集(津原泰水)』 投票ページ

綺譚集

  • 著者:津原泰水
  • 出版社:東京創元社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/08/27
  • 復刊リクエスト番号:67257

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

天使へと解体される少女に、独白する書家の屍に、絵画を写す園に溺れゆく男たちに垣間見える風景への畏怖、至上の美。生者と死者、残酷と無垢、喪失と郷愁、日常と異界が瞬時に入れ替わる。―綺の字は優美なさま、巧みな言葉を指し、譚の字は語られし物を意味する。本書収録の十五篇は、小説技巧を極限まで磨き上げた孤高の職人による、まさに綺譚であり、小説の精髄である。

新着投票コメント

こちらの本を読了した際間違えて古本屋に出してしまいました。 日常が崩壊する様が美しく、高揚感を伴って描かれております。こういった作家や作品は現代に稀です。それ故見つけることが難しく、また、こういった作品を愛好する者も少ないことでしょう。こういった本の愛読者は現代の隅で生きる肩身の狭い思いを抱いていることが間々あると思えます。そういった人々の心を解き放つ場として「綺譚集」は存在します。失ってはいけない感性のありどころを少しでも増やさなければ、と思うのです。 小説の多様性のため、生きづらい誰かの避難場所として復刊していただければ、と思います。 (2018/08/27)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/08/27
『綺譚集』(津原泰水)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

東京創元社に関するQ&A

40年位前に図書館で借りたSF短編集

たしか早川書房のSF叢書の短編集だったと思うのですが、記憶違いで東京創元社だったかもしれません。図書館で借りたので、出版はもっと前だと考えられます。 多分、いろんな作家の短編を収録したものだったと...

TOPへ戻る