1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ハローサマー、グッドバイ(マイクル・コニイ)』 投票ページ

ハローサマー、グッドバイ

  • 著者:マイクル・コニイ
  • 出版社:サンリオSF文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/10/25
  • 復刊リクエスト番号:6225

得票数
91票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ヒューマノイド型異星人の住む惑星に全てを凍てつかせる冬がやってきた。避難先で主人公の少年は、幼なじみの少女と幸せな夏のひとときを過ごすが、彼らには過酷な運命が待っていた・・・。

極寒の惑星に住むアンドロイドたち――ドローヴは両親と休暇を過ごそうとパラークシにやってきた。父はそこの罐詰工場の顧間をしている役人で、仕事がらみの休日だったのだ。そこで小型スキマーを買ってもらったドローヴは、前から恋心を抱いていた少女ブラウンアイズを含めた子供たち4人で血のように赤い海に出発した。餌食とみるときらめく青い腕を広げて水中に引きずり込んで結晶化するアイス・デビル、たちまち死体を食いつくす鳥グルーム・ライダー、おとなしい絹の毛皮をもつロリンたちに遭遇しながらも次々と不思議な事が起きる。政府は敵国アスタと戦争をしていたが戦いはどこにも見られなかった。立入禁止の罐詰工場にいた海軍制服の男、敵国との半ば公然とした密貿易、船底に横たわっていたスパイらしい男の謎、遭難した船の不可解な積荷……実は信じられないスケールの陰謀が進行中だったのだ。サスペンスフルで力強いマイクル・コニイの世界へどうぞ!!

投票コメント

昔読んで、その瑞々しさがまぶしかった。でも、それをみんなに読んでほしくて貸しているうちに本そのものがどこかに行ってしまったのです。まったくウツケ者であります。悔やんでも戻ってこない……。記憶の中が一番美しく、楽しいとも言えますが。 それに今もし読んでも、昔の活字組みでは字が小さすぎて老眼が入り始めた今の自分には厳しいだろうと想像されます。 だから!だから今こそ、新しい版組で出版を。できれば、21世紀版の新訳を希望。 (2008/05/09)

1

ずばり名作です。これが手に入らない今の状況は悲しい。国書刊行界(未来の文学、レム・コレクション)や河出書房新社(奇想コレクション)等により、ひさびさにSFが盛り上がっている今、復刊すべきSFの筆頭に挙げておきたいと思います。 (2007/01/14)

1

素敵な内容にもかかわらず絶版で古書店では高値で取引されている為、入手できるのは限られた人だけとなっているのが現状です。 是非、復刊していただいて、どなたでも(特に若い人々に)気軽に読んでいただける様にして下さい。 一見、単なる恋愛物語に見えて、実は用意周到な伏線が張り巡らされた傑作を埋もれさせておく手はありません。 ご検討のほど、どうぞ宜しくお願いします。 (2004/05/23)

1

「ハローサマー、グッドバイ」はどうしても読んでみたくて、 国会図書館まで足を運んで読みました。 最後の一行に、これほどまでにパワーがあるものが、 いまだかつて存在したか。 お気に入りの本として、手元においておきたい! 現状で手に入れることが難しいようなので、是非復刻版を!! (2004/04/18)

1

f

f

外薗昌也氏の『琉伽といた夏』で、本書を知りました。 すぐに読んでみたかったのですが、絶版……。悲しかったです。 紹介文中に引用された作者自身の前書きを読んで以来、読みたい、読みたい、と衝動が抑えられないのです。 是非、復刊を。 (2003/12/23)

1

もっと見る

新着投票コメント

河出書房さんの方を読ませていただき、ぜひこちらの方も読んでみたいと思いました。 (2017/10/29)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/06/20
復刊!マイクル・コニイ『ハローサマー、グッドバイ』
2001/10/25
『ハローサマー、グッドバイ』(マイクル・コニイ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る