復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

34

投票する

一九九一年日本の敗北

一九九一年日本の敗北

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 34

著者 手嶋 龍一
出版社 新潮文庫
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784101381121
登録日 2001/09/24
リクエストNo. 5818

リクエスト内容

フセイン包囲網に130億ドルを拠出しながら、世界から冷笑で迎えられた不可解。現場からの命がけの情報を生かせない日本の官僚機構の不可解。驚異的な取材力で日本湾岸外交をたどる、情報ノンフィクション。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全33件

  • NHKのアメリカテロ報道の一線でわかりやすく、落ち着いた解説を
    していた手嶋氏の本をよみたくなったから。久しぶりに欲しい本に
    よって本屋に行く衝動に駆られました。今復刊することは日本の将
    来のためにも絶対必要!あらためて、このサイトの重要性も感じま
    し (2001/09/29)
    GOOD!1
  • 今回のテロ報道で、初めて著者である手嶋龍一さんを知りました。政治に明るくなかった私にも解り易く、丁寧で、的確な解説で、私も政治に興味を持つ事が出来ました。そんな手嶋さんの著作を是非読んでみたいと思い、投票させて頂きます。復刊した際には必ず購入したいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。 (2001/09/28)
    GOOD!1
  • 今回の米同時多発テロ事件の報道を見ていて、
    国際政治の裏側では常に駆け引きが行われていて
    何も知らずに日々平和に暮らしている自分が
    ものすごく幸せなんだ、と感じました。

    同時に現在のような微妙な状況に立っている日本が
    かつておなじような状況でどのように対処し、
    そして世界は日本をどう捉えていたのかを知りたい
    という気持ちも日を追って強くなっています。

    このような興味を抱いたのは、
    NHKワシントン支局からの手嶋氏のレポートを見ていて
    非常にわかりやすい内容に引き込まれたからだと思います。

    「この人の本が読みたい」と思って、
    近隣の書店や古本屋を休日のたびに探しまくりました。
    こんなことは久しぶりです。
    残念ながらまだ手に入っていませんが・・。

    現在の国際情勢を探るために、ベースとして欠かせない一冊だと
    思いますので、ぜひ復刊してほしいです。 (2001/09/26)
    GOOD!1
  • 今回の米国連続テロ事件の報道に際して、ジャーナリストとしての手嶋 龍一氏のご活躍を知りました。
    今回の事件における、湾岸戦争との類似点と相違点を考える手引きとして、本書が復刊されることを切に希望致しております。 (2001/09/26)
    GOOD!1
  • 手嶋龍一氏に興味があります。
    そして、この本の内容にも大変興味を持っています。
    湾岸の時、なぜ日本は世界中から無視されたのか。
    莫大な金額を出しながらも、なぜ日本は感謝の言葉さえ
    かけてもらえなかったのか。
    手嶋氏がこれをどう捉えたのか非常に気になります。
    復刊希望。たのんます。 (2001/09/26)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2001/11/15
    『一九九一年日本の敗北』販売開始しました!

  • 2001/09/24
    『一九九一年日本の敗北』(手嶋 龍一)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!