1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ポンド氏の逆説(チェスタトン)』 投票ページ

ポンド氏の逆説

  • 著者:チェスタトン
  • 出版社:創元推理文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2013/05/02
  • ISBNコード:9784488110093
  • 復刊リクエスト番号:57611

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

こんな面白い本がいつの間にか無くなっていたなんて、吃驚!
訳も読みやすく、大好きでした。(ブラウン神父のほうは、ちょっと訳が読み難かった…><)子供が読んでも、絶対面白いと思う!ので、ぜひ復刊を!

投票コメント

あれよあれよという間に話に引き込まれていって、最後には納得させられます、逆説に。確かに、ちっとも矛盾しない、確かにおっしゃる通り。最初の話からは思いもしない結果が、導き出されていく過程が大好き!翻訳も読み易いです。 (2013/05/02)

1

ブラウン神父ものは中学生時代に読みました。しかし、木曜の男などのノンシリーズものは未読状態です。中学生には難解だったというのが理由でした。大人になった現在、読みたいです。 (2014/08/05)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

ポンド氏の逆説 新訳版 G・K・チェスタトン 著 / 南條竹則 訳
885円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/09/27
『ポンド氏の逆説 新訳版』(G・K・チェスタトン 著 / 南條竹則 訳)の注文を開始しました。
2013/05/02
『ポンド氏の逆説』(チェスタトン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

TOPへ戻る