1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『不安定化合物操作法ー真空系および不活性気体下の取扱いー(シュライバー (竹内敬人))』 投票ページ

不安定化合物操作法ー真空系および不活性気体下の取扱いー

  • 著者:シュライバー (竹内敬人)
  • 出版社:東京 廣川書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2012/11/27
  • ISBNコード:9784567253802
  • 復刊リクエスト番号:56564

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

本書はD.F.Shriverが米国研究従事者対象に書いたもので、真空系あるいは不活性気体下の実験に必要な材料、製作あるいは市販装置
をふくめて取扱いの実際を著者の経験を基として丁寧に解説されたものである。ガラス細工はもとよりプラスチック、金属の加工の注意までつけ加えられていて、空気の無い状態での実験法の入門書である。

第Ⅰ部 真空系による操作
1、真空系の設計と機能の一般論
2、低真空、高真空および気体循環のためのポンプ
3、圧力測定
4、ジョイント、コックおよびバルブ
5、特殊な装置と操作
6、金属真空系
第Ⅱ部 不活性気体下の取扱
7、実験台での操作
8、ドライボックスでの操作
9、不活性気体とその精製

付録Ⅰ 爆発と火災
付録Ⅱ ガラスとガラス細工
付録Ⅲ プラスチックとゴム
付録Ⅳ 金属
付録Ⅴ 純物質の蒸気圧

投票コメント

化学系の研究従事者に必要な不活性気体下での実験の手引きとなる本がほしいですが、そのような本が販売してないので、現在、図書館で借りてますが、手元にほしいので、今回希望しました。 (2012/11/27)

1

非常に役にたつ本だと思います。 (2012/11/28)

0

ぜひ手に入れたい。 (2012/11/27)

0

syo

syo

現在、実験で空気に対し不安定な化合物を扱っており、実験室に本書があり、非常に役立っている。是非手元に置いておきたい一冊である。 (2012/11/27)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/11/27
『不安定化合物操作法ー真空系および不活性気体下の取扱いー』(シュライバー (竹内敬人))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

TOPへ戻る