復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

2

投票する

知についての三つの対話

知についての三つの対話

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 2

著者 ポール・K・ファイヤアーベント(著)、村上陽一郎(訳)
出版社 筑摩書房(ちくま学芸文庫)
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784480090829
登録日 2012/09/27
リクエストNo. 56292

リクエスト内容

【内容】

プラトンは観念と生活との間の深淵は対話で架橋できると考えた。
対話は一般的かつ専門技術的双方の意味で哲学的であり、
われわれがしっかりした基盤と信じてきたものの
虚構的な性格を論証してしまうからだ。
批判的合理主義的立場に対し、「anything goes」(何でもあり!)と
相対的な立場をとる著者が贈る対話という知的営み。
思考の盲点や偏見に陥ることなく客観的・経験的な妥当性から
導き出される知への道を示し、犀利な分析と明晰な洞察による、
研ぎ澄まされた批判を展開する。


【目次】

第1の対話(1990年) 知とは何か
―プラトン『テアイテトス』を題材に

第2の対話(1976年) 科学とは何か
―占星術、伝統医療をめぐって

第3の対話(1989年) 知恵とは何か
―物語としての知

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全2件

  • 科学哲学者・ファイヤアーベントの著作の中でも、もっとも分かりやすい本。
    架空の対話形式をとっていて、自らの思想を語っていて非常に理解しやすく、内容も充実している名著。
    文庫版をぜひとも復刊して欲しいです。 (2018/05/20)
    GOOD!1
  • 何でもあり!というのがいい。 (2012/09/27)
    GOOD!0

NEWS

  • 2012/09/27
    『知についての三つの対話』(ポール・K・ファイヤアーベント(著)、村上陽一郎(訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!