復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

この思想家のどこを読むのか―福沢諭吉から丸山真男まで

この思想家のどこを読むのか―福沢諭吉から丸山真男まで

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 加地伸行、佐伯啓思、小浜逸郎、西部邁
出版社 洋泉社(新書y)
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784896915181
登録日 2012/09/23
リクエストNo. 56225

リクエスト内容

【内容】

思想を論じるとは何か?とりだすべきものとは何か?
重要なことは、思想家なり知識人の片言隻句を
とりだすことではなく発語された場所と息づかい、
表現された固有の文体をともに見据えて、
その意味を点検し現在によみがえらせることである。
近代を代表する八名の思想家・知識人に
いま思想・論壇の第一線にある学者、評論家が
現在のテーマから発して、それぞれの問題意識と
交差し避けてとおれない固有の問題を発見する、
単なる対話を超えて切り結ぶ白熱の日本の思想家=論。


【目次】

第1講 福沢諭吉―一万円札のなかの風格 近代意識(佐伯啓思)

第2講 内村鑑三―望郷のさむらいクリスチャン 二つのJ(山折哲雄)

第3講 柳田国男―常かぶりの「勝てないが、負けない言葉」 経世済民(大月隆寛)

第4講 西田幾多郎―哲学の発信、世界へ 近代の超克(松本健一)

第5講 小林秀雄―批評するエロスの拠点 Xへの手紙(小浜逸郎)

第6講 三島由紀夫―「みやび」を紡いだ美のアナーキズム 仮面と肉体(高沢秀次)

第7講 吉田茂―知るやアメリカニズムの今を ワンマン宰相の蹉跌(西部邁)

第8講 丸山真男―進歩的文化人の大いなる誤読 中国古典学知らず(加地伸行)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

NEWS

  • 2012/09/23
    『この思想家のどこを読むのか―福沢諭吉から丸山真男まで』(加地伸行、佐伯啓思、小浜逸郎、西部邁)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!