1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ガリポリ(アラン ムーアヘッド)』 投票ページ

ガリポリ

  • 著者:アラン ムーアヘッド
  • 出版社:フジ出版社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2012/07/12
  • ISBNコード:9784892260728
  • 復刊リクエスト番号:55637

得票数
6票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

-Amazon Bookより
予期に反しトルコがドイツ側に立って参戦したのに伴ない、イギリス海相チャーチルは強力なリーダーシップを発揮し、アジアとヨーロッパを隔てるダーダネルス海峡を突破するとともに、ガリポリ半島に75万の兵力を上陸させるという大胆な作戦を計画した。第一次大戦において連合軍が最大の敗北を喫したこのガリポリ戦は、だが愚劣な作戦でも無謀な賭でもなかった。遠大な構想に基づく測り知れない可能性を秘めた作戦であった。イギリスの若き将兵はこの作戦に歴史の転換を感じ、血を沸きたたせて参戦した。国として初めて実戦に参加するオーストラリア・ニュージーランド軍将兵は周りの不安を払拭する働きをした。勝利は目前にあったのである。だがそれをイギリス側は知らなかった。現場の指揮官の信じられぬような行動、通信の壊滅的不備、ロンドンでの思惑、そしてちょっとした不運が交錯して、勝利はイギリスの掌中からころがり落ちた。「青ナイル」「白ナイル」で知られるヒューマン・ドキュメント作家ムーアヘッドの手になる、第一次大戦でもっとも数奇な運命をたどった作戦の全貌。ダフ・クーパー賞受賞。

新着投票コメント

ガリポリの戦いについての貴重な本です。ぜひ復刊してほしいです。古書もありますが新本で手にいれたいですね。 (2016/06/06)

0

ガリポリ作戦を俯瞰する貴重な本 (2014/08/05)

0

貴重な歴史の記録。きちんと読み返したい。 (2013/05/02)

0

トルコ狂乱がよい本だったので上陸した側からの視点の名著として名高いこの本を読んでみたい。 (2012/11/29)

0

研究資料として (2012/10/14)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/07/12
『ガリポリ』(アラン ムーアヘッド)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る