1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『石器時代へ行った男(エドガー・ライス・バローズ)』 投票ページ

石器時代へ行った男

  • 著者:エドガー・ライス・バローズ
  • 出版社:東京創元社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2011/07/11
  • ISBNコード:9784488601270
  • 復刊リクエスト番号:53653

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

SFでは無く、冒険小説。ボストンの上流階級のインテリ息子が、海で遭難し、孤島に流れ着く。そこは、原始時代のまま進化していない人類が生息していた。薄っぺらな知識は生存の役に立たなかったが、偶然と誤解から、現地の美女・ナグラと遭遇し、勇者として目覚めていく。
文明の虚飾を剥ぎ、野生の賛歌を歌い上げる作品。地味ではあるが、「石器時代から来た男」、「時間に忘れられた国」に先駆けた作品として、一読の価値有り。同じ「原始時代テイスト」の、ターザン・シリーズやペルシダー・シリーズと読み比べるのも一興。「バローズ全集」の一環として出すのが無難か?
実を言うと、家に有る一冊がボロボロなので…(苦笑)。

投票コメント

バローズの作品としては初期のものですが、後年の作品と読み比べるのも一興だと思います(ヒロインの正体が、「ターザンの逆襲」に流用されたり、孤島と言う舞台が「時間に忘れられた国」と同じだったり)。 また、彼の作品の主人公は、大抵が格闘技の心得が有るのですが、本作のウォルドー・エマースンはヒョロヒョロのインテリで、その点で意表を突かれました。 (2011/07/11)

1

yui

yui

所有して、じっくり読みたい。 (2014/09/02)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2011/07/11
『石器時代へ行った男』(エドガー・ライス・バローズ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る