1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ぼくがしまうま語をしゃべった頃(高橋源一郎)』 投票ページ

ぼくがしまうま語をしゃべった頃

  • 著者:高橋源一郎
  • 出版社:新潮文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/04/16
  • ISBNコード:9784101078137
  • 復刊リクエスト番号:50162

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

カーヴァー、清原なつの、カポーティ、則巻アラレ、『別マ』、マルケス、中島みゆき、キャンディーズ、ゴダール、城みちる、ジム・モリスン、団鬼六、カルヴィーノ、しまうま、野田秀樹、西城秀樹、メンフラハップ、イーディ、三浦祐太朗、タカラジャイアント、ナウシカ、るそんすけざえもんのことが一冊でわかるのはこの本だけ。構想10年、伝説的百科全書エッセイ集、堂々文庫化なる。

新着投票コメント

西城秀樹さんの事が書かれているものは読んでみたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 (2018/11/25)

0

高橋源一郎ファンになるきっかけを作ってくれた本です。 私にプイグや、ガルシア・マルケス、カルヴィーノの面白さを教えてくれたのはこの本です。 (2010/04/16)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/04/16
『ぼくがしまうま語をしゃべった頃』(高橋源一郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る