1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『日本永久占領 日米関係、隠された真実(片岡鉄哉)』 投票ページ

日本永久占領 日米関係、隠された真実

  • 著者:片岡鉄哉
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/02/22
  • ISBNコード:9784062563482
  • 復刊リクエスト番号:45904

得票数
39票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

日本国憲法は、どのようにしてアメリカから押しつけられたか?従属の構図はどのように始まったのか?未曾有の平成不況は、昭和20年の「第一の敗戦」に続く、「第二の敗戦」である!護憲派も改憲派も必読の、虚構なき戦後政治の内幕を、豊富な公文書と大胆な推論で暴く、著者畢生の問題作!「平和憲法」で日本はアメリカに呪縛された。

投票コメント

初版からすでに20年近く、著者も故人となってしまいました。 出版社サイドが言うには1000冊単位で受注があるようならば対応も可ということです。 増刷できるよう声を広めていきましょう。 (2017/03/22)

1

日本の戦後史を知る上で非常に重要な本だと思います。 もともと「さらば吉田茂」(1992、文芸春秋)の改訂増補版として広く読まれる為に文庫化されているのでしょうから、今でも手に入るように復刊して欲しいです。 (2011/07/29)

1

日本人である自分自身が、いかに母国の事を知らないまま暮らしてきたのか…戦前の日本人と戦後生まれの日本人の歴史観等の断絶をたどると終戦後のGHQの占領政策に行き着くと思い、色々調べていくうちにこの本に辿り着きました。購入しようと思いましたが、出版されてないと知り古本もあたったのですが見つけられません、是非復刻再販して欲しいです。 (2010/10/15)

1

終戦から池田隼人政権誕生までの戦後政治史に関する本です。 戦後政治を憲法から読み解き、個々の孤立した事実を国際的 視点からその本当の意味を解き明かそうとした著作だと思いま す。筆者の大胆な推論は単に読み物としても面白いですし、今 の日本を考える上でもアメリカや憲法ははずすことのできない ファクターですが、意外とその意味は軽視されていて政治とい えば国内の派閥抗争に焦点が行きがちです。本書は国内政治と 国際政治を併せて考えるというごくごく常識的な感覚がある貴 重な良書だと思います。ぜひ復刻していちいち図書館で借りな くてもいいように本棚に欲しいとおもいます。 (2009/03/12)

1

文庫本の所有者です。著者が亡くなって、絶版になっていることを知りました。非常に示唆に富む充実した内容の本ですので、ひとりでも多くの人に手にとって貰いたいと思い、復刊を希望します。 (2009/02/26)

1

もっと見る

新着投票コメント

戦後の対米関係を知るのに重要な本のようです。孫崎享氏の『戦後史の正体』と較べてみたい。 (2019/02/03)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2009/02/22
『日本永久占領 日米関係、隠された真実』(片岡鉄哉)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る