1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『悲歌の時代―祈りと悲しみの歌(岡野弘彦)』 投票ページ

悲歌の時代―祈りと悲しみの歌

  • 著者:岡野弘彦
  • 出版社:講談社(講談社学術文庫)
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/01/09
  • ISBNコード:9784061589339
  • 復刊リクエスト番号:45215

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

【内容】

日本人は激しい戦いの後には長い歳月をかけて、
死者への手向けや鎮めの歌をこまやかに歌いあげてきた。
短歌は本来、祈りの声である。
今、豊かな現代であればこそ、
祈りと悲しみの歌が歌われなければならぬ悲歌の時代といえよう。
ヤマトタケルの悲歌や海上漂泊、戦中戦後の歌など、
日本人の心と密接にからみ合った
1300年の短歌の伝統の中に脈うつ悲歌の系譜を辿り、
日本人の死生観をも展望する。


【目次】

1 悲歌の時代
2 ヤマトタケルの悲歌とその展開
3 「遊び」の歌の系譜
4 旅中の死とその鎮めの歌
5 海上漂泊の歌
6 愛の誓いと破綻
7 桜に托する祈り
8 病む者の歌
9 貧窮の中の歌
10 戦う者の悲歌

新着投票コメント

良書です。 (2009/06/20)

0

無

貧者だから。 (2009/01/09)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2009/01/09
『悲歌の時代―祈りと悲しみの歌』(岡野弘彦)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る