復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

2

投票する

グロテスクの系譜

グロテスクの系譜

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 2

著者 アンドレ・シャステル(著)、永澤峻(訳)
出版社 筑摩書房(ちくま学芸文庫)
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784480088390
登録日 2008/12/22
リクエストNo. 44905

リクエスト内容

【内容】

“グロテスクなもの”は、ルネサンス美術が
「純粋で清澄なる古代」を復興する陰で産み落とされた。
滑稽図やアラベスク模様など空間を装飾する絵画では、
「現実的空間の否定」と「雑種(ハイブリッド)な生き物の増殖」が中心原理となり、
遠近法と物語(イストリア)で構築された世界秩序からの解放が可能となる。
「疎外された奇形児」か「豊穣な民衆世界」かという
両極からしか批評されてこなかった、
この怪物的で遊戯的なものの系譜を、
美術史の碩学が的確精緻に解剖する。
収録図版多数。本邦初訳となる関係二論文を収録。 


【目次】

1 グロテスクの系譜

「名づけえざる装飾」に関するエセー
「放縦で滑稽な絵画」
怪物たちと「滑稽図ドロルリィー」
夢か怪物か?
笑いのデーモン
アラベスクへの経路
他のさまざまな道

2 仮面、仮面行列、装飾用の怪人面

3 現代美術における遊びと聖なるもの


【著者】

1920‐90年。パリ大学にて近代美術史教授、
コレージュ・ド・フランスにてイタリアルネサンス文明教授。
『ル・モンド』の美術欄担当、
美術史誌『ルヴュー・ド・ラール』主幹も務める。
広範な思想史的関心、独創的な視点、
華麗な文体での研究は世界的に声価が高い。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全2件

  • 是非、読んでみたい! (2020/05/08)
    GOOD!0
  • いかにも面白そう。 (2008/12/22)
    GOOD!0

NEWS

  • 2008/12/22
    『グロテスクの系譜』(アンドレ・シャステル(著)、永澤峻(訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!